50歳を迎えた中村獅童 「人生の折り返し地点」ではなく「新たなスタート」

歌舞伎俳優の中村獅童が21日、巡業公演「松竹特別巡業『中村獅童のHOW TO かぶき』『絵本 あらしのよるに 一人語り』」(11月9日~23日)のオンライン取材会に出席し、50歳を迎えた意気込みを語った。

松竹特別巡業「中村獅童のHOW TO かぶき」「絵本 あらしのよるに 一人語り」のオンライン取材で50歳について語る中村獅童
松竹特別巡業「中村獅童のHOW TO かぶき」「絵本 あらしのよるに 一人語り」のオンライン取材で50歳について語る中村獅童

子どもたちに伝えることが使命「ずっとまっしぐらにゴールに向かって走っていく」

 歌舞伎俳優の中村獅童が21日、巡業公演「松竹特別巡業『中村獅童のHOW TO かぶき』『絵本 あらしのよるに 一人語り』」(11月9日~23日)のオンライン取材会に出席し、50歳を迎えた意気込みを語った。

誰もがアッと驚く夢のタッグ…キャプテン翼とアノ人気ゲームのコラボが実現

 9月14日に50歳になった獅童。「50歳の節目を迎えて、今後の目標ややりたいことは?」と聞かれると、「よく、(50歳は)『人生の折り返し地点』って言い方をするけど、『折り返し地点』という言い方は好きじゃない」と明かし、「僕にとっては『折り返し地点』はなくて、ずっとまっしぐらにゴールに向かって走っていく。50歳って、新たなスタートなのかなと思ってます」と語った。

 これまで、絵本「あらしのよるに」(作・きむらゆういち/絵・あべ弘士/講談社刊)の新作歌舞伎化や、初音ミクを中心としたバーチャルシンガー(ボーカロイド)とコラボした超歌舞伎など、新たな取り組みを行ってきた。「今まで経験したことや、人生を生きて来たなかで、いろんなことがあるわけじゃないですか。そういったことの一つ一つが役者の味となっている。うれしいこと、悲しいこと、多くのことを経験して、人間としても成長していくのかなと思います」と語り、「中村獅童ならではの歌舞伎というのをお見せしていけるように、精進したいと思ってます」と意気込んだ。

 今回の巡業では、獅童が歌舞伎初心者や子どもたちに歌舞伎の表現方法や約束事を分かりやすく解説する「中村獅童のHOW TO かぶき」や、「あらしのよるに」初の朗読劇を行う。子どもたちに「生のエンタメの世界」や「アナログな楽しみ」を感じてほしいという。

 獅童は、「こういったことをするのが自分の使命だなとつくづく思います」と語り、「子どもたちに古典歌舞伎を届けるって難しいじゃないですか。『超歌舞伎』も『あらしのよるに』も、歌舞伎の一つの入り口になってくれれば。『そういったことをするのが中村獅童なのかな』という責任感もある。若い方や子どもたちに歌舞伎を知っていただく。これがやっぱり、自分の人生をかけてこれからもやっていくこと」と断言した。

「超歌舞伎」や「あらしのよるに」のような新作に挑戦することで、「古典作品にも興味を持ってもらいたい」という獅童。「新作をやっているときの中村獅童、古典をやっているときの中村獅童。そこで新作と古典の違いも見せたいし、その違いも楽しんでいただきたい」と、50歳からの思いを語った。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください