岡田准一、「健」のパネル発見し感慨 V6時代を思い出す「“違う健”を知っているもので」

俳優の岡田准一が17日、都内で行われた映画「ヘルドッグス」公開舞台あいさつに坂口健太郎、松岡茉優、MIYAVI、原田眞人監督とともに出席した。

舞台あいさつに登場した岡田准一【写真:ENCOUNT編集部】
舞台あいさつに登場した岡田准一【写真:ENCOUNT編集部】

「すいません、全然関係ない話で。あの頃の景色で」と回想

 俳優の岡田准一が17日、都内で行われた映画「ヘルドッグス」公開舞台あいさつに坂口健太郎、松岡茉優、MIYAVI、原田眞人監督とともに出席した。

 岡田は、客席に「健」と書かれたパネルを発見すると、坂口を応援するグッズだと知りながらも「“健”と書いてあると個人的には懐かしい。“違う健”を知っているもので」と、かつてV6としてともに活動した三宅健について言及。「すいません、全然関係ない話で。あの頃の景色で」とアイドル時代を思い返し、感慨深そうに語った。

 原作は深町秋生氏による小説「ヘルドッグス地獄の犬たち」で、トラウマを抱え“闇落ち”した元警察官・兼高が関東最大のヤクザ組織に潜入し、危険なミッションに挑むストーリーが展開される。

 岡田は、兼高とコンビを組む・室岡を演じた坂口と初日当日を過ごしたことを明かした。仕事の影響で坂口は待ち合わせに「大遅刻」してしまったが、「岡田さんが待っていてくれてうれしかった」と笑顔で、「とても濃い現場だった。いろんな空気が充満している中で撮った」と振り返った。



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください