乙武洋匡氏がエイプリルフール“自粛”求める 情報錯綜する現状で「コロナ関連の嘘だけは…」

作家の乙武洋匡氏が31日、新型コロナウイルスで混迷する現状を憂い、翌4月1日に迫ったエイプリルフールについて「コロナ関連の嘘だけはやめにしませんか」と自身のツイッター上で呼びかけた。

乙武洋匡氏【写真:Getty Images】
乙武洋匡氏【写真:Getty Images】

毎年4月1日のエイプリルフールは“嘘をついても良い”日とされている

 作家の乙武洋匡氏が31日、新型コロナウイルスで混迷する現状を憂い、翌4月1日に迫ったエイプリルフールについて「コロナ関連の嘘だけはやめにしませんか」と自身のツイッター上で呼びかけた。

 毎年4月1日はエイプリルフールで“嘘をついても良い”日とされ、風習化され、広まっているが乙武氏は「みなさんにお願いです。明日はエイプリルフールですが、コロナ関連の嘘だけはやめにしませんか。何が正しい情報なのかを見極めることが難しい現状において、人々をより不安にさせるような嘘をつくのは愉快犯だと思うんです」と、様々な情報が錯綜する現状で新型コロナ関連の“嘘”を発信するべきでないと呼びかけた。

 さらに、「専門家の意見に耳を傾けるべき時期に、雑音を混ぜ込むのはやめましょう」と続け、本当に必要な“真実”だけを取捨選択する必要性を訴えた。

 この呼びかけには「#エイプリルフール自粛 ですね」、「大賛成」、「リツイートは慎重にですね」と賛同する声が多数挙がっている。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください