坂口健太郎、筋トレ影響でシャツのサイズアップ サイコパス&癒やし系を同時並行

俳優の岡田准一、坂口健太郎が13日、都内で行われた映画「ヘルドッグス」(9月16日公開)の公開直前イベントにMIYAVI、お笑いコンビ・はんにゃの金田哲、吉原光夫とともに出席した。

イベントに出席した坂口健太郎【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに出席した坂口健太郎【写真:ENCOUNT編集部】

映画「ヘルドッグス」公開直前イベントに出席

 俳優の岡田准一、坂口健太郎が13日、都内で行われた映画「ヘルドッグス」(9月16日公開)の公開直前イベントにMIYAVI、お笑いコンビ・はんにゃの金田哲、吉原光夫とともに出席した。

 深町秋生氏による小説「ヘルドッグス地獄の犬たち」が原作で、トラウマを抱えた元警察官が関東最大のヤクザ組織に潜入するストーリー。正義も感情も捨てた元警察官・兼高を岡田、兼高とコンビを組む感情を抑えられないサイコパス・室岡を坂口が演じた。

 共演したMIYAVIは、岡田と坂口がペアで筋トレしている姿を目撃しており「仲良く筋トレしているからいいなって。めちゃくちゃ胸筋をパンプアップされていた」とうらやましげ。岡田は「2人で組んで手首を持ち合ってやったんです。『そんなもんかー!』みたいな(笑)」と気合たっぷりで坂口と筋トレに励んでいたという。

 筋トレについて、坂口は「めちゃくちゃしんどいんですよ……」とぼそり。岡田は「なんか、僕が強引にやらせたみたいになっているけど、パンプアップしたいって言ってきたんですよ?『パンプアップのいいやり方あります?』って」と訴えた。

 坂口は「ヘルドッグス」のほか、別の作品も同時並行で撮影。吉原が「同じ時期に癒やし系男子の作品を撮っているなんて知らなかった。よくできたね。こっちではギャーギャー騒いで銃打ち込んでいるのに、あっちではめちゃくちゃピュアな男子を演じていて、坂口くんすげーなって」と感心。坂口は「(別の作品に)戻ったとき首が太くなっていて、シャツもワンサイズあがって。きゃしゃな役ではないけどね」と苦笑いで明かした。

 真逆な役を同時並行で演じていた坂口に向かって、岡田は「ちょっと精神崩壊してた? 実は1番クレイジーかもしれない」と指摘。すると坂口が「最近、言われるんですよ。変だって……」と語った。



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください