人気声優・悠木碧、私生活は「音声アシスタントに頼りきり」 人口知能は「エモい」

声優の悠木碧が12日、都内で行われた映画「ぼくらのよあけ」完成披露試写会に登壇した。

悠木碧【写真:ENCOUNT編集部】
悠木碧【写真:ENCOUNT編集部】

人工知能搭載型オートボット・ナナコを演じた悠木

 声優の悠木碧が12日、都内で行われた映画「ぼくらのよあけ」完成披露試写会に登壇した。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

「月刊アフタヌーン」(講談社刊)で連載され、日本で最も長い歴史を誇る SF賞・星雲賞候補にもなった、今井哲也による傑作SFジュブナイル漫画「ぼくらのよあけ」を劇場アニメ化。宇宙とロボットが大好きな主人公・悠真を演じた杉咲花、悠木、朴ロ美がイベントに登場した。さらに主題歌担当した三浦大知、作品の応援大使・横澤夏子、黒川智之監督も駆けつけ、トークに花を咲かせた。

 主人公・悠真が暮らす家の生活を全面的にサポートする人工知能搭載型オートボット・ナナコを演じた悠木。司会者から「ナナコを欲しいと思うか」と聞かれると「みんなに『ナナコを欲しい』と思ってもらいたくて演じたので、絶対にほしい!」と声を弾ませた。

 さらに悠木は「もともと、音声アシスタント、AIアシスタント的なものに今でも頼りきりの生活をしているので……」と打ち明け、「これだけべったりくっついてくれる子がいたら、たぶん何にでも連れて行くし、友だちがナナコだけになっちゃう。そのくらいナナコがほしいです」と自身が演じたキャラクターへの愛着を語った。最後は「好きなんです、人工知能とか。エモいじゃないですか」と笑顔を見せていた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください