三浦涼介、伊礼彼方と待望の対面も「ちょっと暑苦しい」 本人「言葉選べや」

俳優の三浦涼介が6日、都内で行われたミュージカル「フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~」製作発表会に出席した。

製作発表会に出席した三浦涼介【写真:ENCOUNT編集部】
製作発表会に出席した三浦涼介【写真:ENCOUNT編集部】

ミュージカル「フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~」製作発表会に出席

 俳優の三浦涼介が6日、都内で行われたミュージカル「フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~」製作発表会に出席した。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 原作は言わずと知れた人気漫画。最終戦争により文明社会が失われて暴力が支配するようになった世紀末を舞台に、北斗神拳の伝承者・ケンシロウが愛と哀しみを背負い救世主として成長する姿を描く。ミュージカルは昨年に続いての上演となり、主人公のケンシロウは再び大貫勇輔が演じる。

 再演から参加する三浦は、南斗水鳥拳の伝承者・レイを演じる。「僕は稽古に少し遅れて入ったのですが、稽古場を撮影してもらって、その動画を仕事の合間に見ていた。動画から伝わる熱がすごくて。ここに参加するのかと思ってドキドキとワクワクだった」と語った。

 三浦は、ジュウザ役の伊礼彼方との対面を「楽しみにしていた」といい、本作の稽古場で対面を果たした。「伊礼さんも遅れて稽古に入ったのですが、ちょっと……暑苦しくて。とんでもないテンションの持ち主」と素直に明かすと、伊礼が「言葉選べや、製作発表だぞ。会いたかったって、ほんとかい!」と“伊礼ワールド”全開でツッコんで会見を盛り上げた。

 昨年の公演では伊礼がレイ役とジュウザ役をダブルキャストで担当していた。この日の会見で、演出の石丸さち子氏が「レイ役は大きな変化はある。新しいシーンが増えた」と予告。伊礼も「レイのシーンがまぁよくなっているんですよ!」といい、「よかったわね、三浦くん! これがね、三浦くんがまたすてきで嫉妬しちゃう。なぜあのシーンを僕にやらせてくれなかったのか」と叫び、無念さを表現した。

 会見にはケンシロウ役の大貫勇輔、ユリア役の平原綾香、May’n、トキ役の小西遼生、ジュウザ役の上川一哉、シン役の植原卓也、上田堪大、マミヤ役の清水美依紗、ラオウ役の福井晶一、永井大も登壇。9月25日から30日まで東京・Bunkamuraオーチャードホール、10月7日から10日まで福岡・キャナルシティ劇場にて上演される。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください