蝶野正洋も心配する年末「ガキ使」は高視聴率か…吉本騒動でテレビ局への影響は

プロレスラーの蝶野正洋(55)が7月27日、東京・銀座で行われた自身のオリジナルブランド「アリストトリスト」とWEGOのコラボレーション企画の記者会見に登場した。蝶野といえば、大みそかの日テレ特番「ダウンタウンのガキの使い 絶対笑ってはいけない」シリーズで毎年、落語家の月亭方正(51)にビンタをすることで人気だ。

吉本騒動について語った蝶野
吉本騒動について語った蝶野

オリジナルブランド「アリストトリスト」とWEGOのコラボレーション企画で会見

 プロレスラーの蝶野正洋(55)が7月27日、東京・銀座で行われた自身のオリジナルブランド「アリストトリスト」とWEGOのコラボレーション企画の記者会見に登場した。蝶野といえば、大みそかの日テレ特番「ダウンタウンのガキの使い 絶対笑ってはいけない」シリーズで毎年、落語家の月亭方正(51)にビンタをすることで人気だ。

 吉本興業の騒動について問われた蝶野は「この手の騒動は新日本プロレスでは3年に1回くらいはありましたから。なんとかなるだろうと。残るやつは残るし、出るやつは出る。2000年代の新日本プロレスの10年間を参考にしてほしい。裏切りとか、“加藤の乱”のようなことがしょっちゅうありましたから」と語った。

会見した蝶野正洋と「ゆるめるモ!」のメンバー
会見した蝶野正洋と「ゆるめるモ!」のメンバー

 今年の大みそかの見通しを聞かれると、「毎年、ギリギリで(出演オファーが)くるが、今年は生中継でやるんじゃないかというくらいバタバタしそうです」と話した。確かに、もし今年も「ガキ使」の特番が放送されるとしたら、どういう展開になるのか注目が集まりそうだ。

 同番組には、闇営業問題で契約が解除された「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)らが出演していたほか、先日の吉本興業の会見にも出席した藤原寛副社長も重要な役で出演している。年末の番組が7月の時点で、ここまで注目されるのも珍しいが、今回の吉本騒動はテレビ局にどのような影響を与えているのか。民放のプロデューサーがこう解説する。

「民放で“被害”にあったのは、テレ朝の『アメトーーク!』と『ロンドンハーツ』で宮迫と田村亮の出演シーンをカットしたことくらい。“加藤の乱”も沈静化すると見られていて、実害はほとんどありません。むしろ、吉本騒動を扱うワイドショーの視聴率が上がっていて、テレビ局としてはプラスになっている。大みそかの『ガキ使』も、藤原副社長は出演するのでは。出れば面白いし、こんなに“おいしい”ことはありませんから」

 今年、ビンタは見ることができるのか。

(ENCOUNT編集部)