井之脇海が愚痴をポツリ「温泉誘ってほしい」 周囲に潔癖症と思い込まれるも訂正

俳優の井之脇海が29日、都内で行われた映画「犬も食わねどチャーリーは笑う」(9月23日公開)の完成披露舞台あいさつに登壇した。

イベントに出席した井之脇海【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに出席した井之脇海【写真:ENCOUNT編集部】

映画「犬も食わねどチャーリーは笑う」完成披露舞台あいさつに登壇

 俳優の井之脇海が29日、都内で行われた映画「犬も食わねどチャーリーは笑う」(9月23日公開)の完成披露舞台あいさつに登壇した。

 同作は、市井点線による小説「犬も食わねどチャーリーは笑う」(小学館)が原作。香取慎吾演じる裕二郎とその妻・日和の夫婦喧嘩をコミカルに描いたブラックコメディー。この日のイベントには香取、日和役の岸井ゆきのをはじめ、井之脇海、的場浩司、余貴美子、市井昌秀監督が登場し、作品をPRした。

 井之脇は香取扮する裕二郎が働くホームセンターの後輩店員を演じる。「人と人が向き合うことや、向き合おうとするけど向き合えなくて悩んでいるとき、誰かを思う温かさみたいなものがある。コロナ禍で人と疎遠になる中で、そういったことって素敵だなと改めて思えるような映画でした」と映画の感想を口にした。

 妻・日和がSNS“旦那デスノート”に夫の愚痴を書き込んだことがきっかけで夫婦喧嘩が勃発するという物語にちなみ、登壇者たちは日々の愚痴を発表することに。井之脇は「潔癖症じゃないけど、『すごく潔癖症』と言われるのはやめてほしいです」とポツリ。「確かに、マッサージとか知らない人に触られるのは苦手なんです。『潔癖症だから温泉誘わない』と言われるけど、誘ってほしい」とアピールしていた。



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください