エイドリアン役のレジェンド声優・松金よね子、吹き替えに「コンプレックスあった」ワケ

19日に公開される映画「ロッキーVSドラゴ:ROCKY Ⅳ」の前夜祭イベントが18日、都内の映画館で行われ、声優の羽佐間道夫(88)と松金よね子(72)が登壇した。

羽佐間道夫(左)と松金よね子【写真:ENCOUNT編集部】
羽佐間道夫(左)と松金よね子【写真:ENCOUNT編集部】

映画「ロッキーVSドラゴ:ROCKY Ⅳ」前夜祭イベント

 19日に公開される映画「ロッキーVSドラゴ:ROCKY Ⅳ」の前夜祭イベントが18日、都内の映画館で行われ、声優の羽佐間道夫(88)と松金よね子(72)が登壇した。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 日本で1977年に公開された1作目「ロッキー」の初回テレビ放送、83年10月放送のTBS版で、それぞれロッキーとエイドリアンの声を担当して以来、長きに渡り同役を演じてきたレジェンド声優である羽佐間と松金が、35年の時を経てスクリーンにカムバックした作品の思い出を語った。

 同作は、「ロッキー4」(米国85年、日本86年公開)を監督・脚本・主演のシルベスター・スタローンがコロナ禍の時間を活用して再構築したもの。王者ロッキー、元王者アポロ、殺人マシーン・ドラゴらファイターたちの闘いまでの道のりに焦点を当てた作品で、42分の未公開シーン×4Kデジタルリマスター×ワイドスクリーン×5.1chサラウンドで描かれる。

 エイドリアンを演じてきた松金は「声を当てたいキャラクターがいるか」と問われると、「(吹き替えに)コンプレックスがあって……」と告白。「声をあてるじゃないですか。大先輩の方はその役者さんを超えるなにかがあるんですけど、私は『その方を壊さないように』。それしかない」と話し、「(役者さんは)全部がすばらしい。『どうしよう』『すみません』という感じでやっていますから」と恐縮しきりだった。

 劇中ではソビエト連邦(現在のロシア)のボクサーも登場する。松金は「スタローンが(この映画を)考えているときにはウクライナの戦争はなかったと思いますが、なんとも胸が痛くて」と沈痛の面持ちを浮かべ、「プーチンに見せたいと本当に思いました。皆さん、世界平和を願いましょう」と集まった観客に呼びかけていた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください