【THE MATCH】武尊「負けたら死と一緒」 誓う“完全決着”「この試合に判定はいらない」

格闘技のメガイベント「Yogibo presents THE MATCH 2022」(ABEMAで全試合独占生中継)は6月19日、東京ドームで開催される。18日は都内のホテルで前日計量と公式会見が行われた。ついに激突する那須川天心と武尊はそれぞれ計量をパス。会見では“世紀の一戦”へかける思いを語った。

会見を行った武尊【写真:ENCOUNT編集部】
会見を行った武尊【写真:ENCOUNT編集部】

前日記者会見「今まで培ってきたものを全部出して、報われる試合に」

 格闘技のメガイベント「Yogibo presents THE MATCH 2022」(ABEMAで全試合独占生中継)は6月19日、東京ドームで開催される。18日は都内のホテルで前日計量と公式会見が行われた。ついに激突する那須川天心と武尊はそれぞれ計量をパス。会見では“世紀の一戦”へかける思いを語った。

【PR】天心―武尊が見られるのはABEMAだけ! ABEMAプレミアム会員なら20%OFF【視聴チケット購入はこちら】

 決戦の日へ、全てを注いできた武尊。K-1の絶対的エースの心境はいかほどのものか。静かに口を開いた。記者会見の主なやり取りは以下の通り。

「今までやってきたものを全てぶつけて最高の試合をします」

――計量をクリアして後は戦うだけ、ここまで長かったか。

「長かったような、短かったような、この期間は特別な期間だった。こんな経験できることに感謝。本当に人生でここまできついことってないんじゃないか。それに感謝して、この日を迎えられた。今まで培ってきたものを全部出して、報われる試合にしたいと思います」

――当日は4キロ戻しまで認められている。リカバリーはどうするのか。

「こまめに体重を測りながらやりたい。どれくらい戻るのか把握できてないので、気を付けながら」

――当日見せたいものは。

「言葉では何も言わなくてもいいのかなというくらい最高の相手と最高の場所で最高の試合ができるので」

――勝ち方のイメージは。

「特別イメージは持たない。試合にならないとわからない。(天心は)世界最高レベルのキックボクサー。戦ってみて、自分の直感を信じて戦おうかと」

――今の心境は。

「やれることはやってきた。今日まで、試合を熱望されてからで言えば7年間、自分の中でいろいろな思いもあった。生きてきた瞬間を信じてやるだけ」

――ワクワクする気持ちはあるのか。

「色々な思いがありますが、いい意味で僕の中では『無』になっている」

――野杁正明選手や、山崎秀晃選手らが武尊選手につなぎたいと話している。

「格闘技って個人の闘いで、チーム戦ではないんですが、そういう意識ではずっと一緒に戦ってくれている。K-1というのは魔裟斗さんの時代とか、その前でいえばアンディ・フグさんとかの時代からずっと受け継がれてきた歴史がある。K-1の強さを見せたい」

――地上波での放送がなくなった。

「聞いたときは悔しかったし、新生K-1旗揚げ当初からそれを目標に、芸能活動や、PR活動をやってきたところはあったので、集大成といえる試合でなくなったときは悔しさはあった。後日ですがテレビ放送も決まって、子ども達が見てパワーをもらってくれたら嬉しいなと思う」

――人生でここまできつかったことはなかったと言っていた。何がきつかったか。

「一番はメンタル。今回の試合は色々な意味で特別な試合。実現するまでにもメンタルを消耗したし、天心選手もそうですけど、色々なものを背負って上がるので、きついって言ったら違うかもしれない……。いい時間でした」

フェイスオフでの天心は「前に会った時より研ぎ澄まされている」

――そんな中で武尊選手を突き動かしたものは。

「色々な人のパワーに突き動かされるものなんですが、一番は明日戦う天心選手の存在が突き動かしてくれたのかなと。明日はその感謝も込めて思い切り戦いたい」

――フェイスオフでの天心選手の印象は。

「変わらないっちゃ変わらない。前に会見で会った時よりは研ぎ澄まされたものを感じた。きっちり仕上げてくれたんだなと思いました」

――フィニッシュはKOを狙うのか。

「この試合に判定はいらない。KOでどっちかが倒れてどっちがか立っているという図式でないとこの試合は決められない」

――今の時点で6月20日以降のことは考えられるか。

「負けたら死と一緒だと思っている。そのあとのことは何も考えていない。勝つことしか考えていない」

――この後は何を食べる。

「いつも同じものを食べている。うなぎですね」

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください