高橋克典、コロナ禍の生活についてブログで明かす 「内省的にすごしたいものです」

俳優の高橋克典が14日、ブログを更新。「やっぱりこの時期、家で断捨離と読書や映画ですね。内省的にすごしたいものです」と、新型コロナウイルスの影響がある中での日々の過ごし方についてつづった。

高橋克典【写真:Getty Images】
高橋克典【写真:Getty Images】

ブログを投稿で「家で断捨離と読書や映画」 “顔を触らないこと”の防衛策も明かす

 俳優の高橋克典が14日、ブログを更新。「やっぱりこの時期、家で断捨離と読書や映画ですね。内省的にすごしたいものです」と、新型コロナウイルスの影響がある中での日々の過ごし方についてつづった。

 高橋は、「皆様いかがお過ごしですか?」と呼びかけ、「今日とある所の大型スーパーへ行ったら」と書いて、店内とみられる写真を公開した。大きな3段サイズのトイレットペーパーの棚を写しており、手前はなくなっている部分もあるが、奥の方にはかなりの数が置かれている。よく見ると、「トイレットペーパー各種 お一人様1袋限り」との札が掲示されている。

「トイレットペーパーやティシュペーパーが」と書いたところで、「僕らは近所のコンビニで、除菌ウエットティッシュをひとつ買えました」と報告。さらに、「顔を触らないこと、気を付けてます」と自衛策を明かした。

 最後に、「やっぱりこの時期、家で断捨離と読書や映画ですね。とは言ってもそうもいきませんが、内省的にすごしたいものです」と、日々をどう過ごすかについて考え方をつづり、締めくくった。

 コメント欄には「トイレットペーパー、ティッシュペーパー。。。品切れ状況は大分なくなりましたが…すべてコロナの影響でしょうか。。マスクもなかなか買えませんものね。一日も早く終息することを祈ります」「自分時間を充実させるように頑張ります」「私も顔を触らないよう意識しています。どうにか乗り越えないとですね」といったコメントが寄せられている。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)