天心―武尊の「THE MATCH」が緊急会見 榊原氏「頭が真っ白」、フジ放送見送り決定受け事情説明

6月19日に東京ドームで開催する「THE MATCH 2022」製作実行委員会が31日、都内で会見。K-1プロデューサー中村拓己氏、株式会社ドリームファクトリーワールドワイド榊原信行氏、RISE代表・伊藤隆氏が出席した。

「THE MATCH 2022」実行委員の伊藤隆氏、榊原信行氏、中村拓己氏(左から)【写真:ENCOUNT編集部】
「THE MATCH 2022」実行委員の伊藤隆氏、榊原信行氏、中村拓己氏(左から)【写真:ENCOUNT編集部】

「THE MATCH 2022」製作実行委員会の3人が出席

 6月19日に東京ドームで開催する「THE MATCH 2022」製作実行委員会が31日、都内で会見。K-1プロデューサー中村拓己氏、株式会社ドリームファクトリーワールドワイド榊原信行氏、RISE代表・伊藤隆氏が出席した。

【PR】天心―武尊が見られるのはABEMAだけ! ABEMAプレミアム会員なら20%OFF【視聴チケット購入はこちら】

 キックボクシングの“神童”RISEの那須川天心とK-1の絶対的エース・武尊の“世紀の一戦”が開催されるが、これを生放送予定だったフジテレビがこの日、放送を見送ることを発表。ABEMAではPPVで完全生放送することが決まっているが、地上波では2人の雄姿が見られない可能性が高まっていた。

 天心はツイッターで「みんなごめん」「お金の為じゃねえんだよ 未来の為にやってんだよ 子供達はどうすんだよ」と怒りを滲ませ、武尊も「この試合の意味を分かって欲しい。まだ諦めません」と複雑な胸中を明かしていた。

 榊原氏は「フジテレビの決定に関してはとっても残念。状況は逐次分かっていたが、突然のことで頭が真っ白になっている。(見送りは)正直思っていなかったので、残念に思っています。1つはファンの皆さんと、視聴者の皆さんに申し訳ないなと感じている。天心も武尊もこの試合を通じて子どもたち、未来の天心、武尊になるような、子どもたちにメッセージを届けたいという思いがあった。叶わなくなってしまったことを、私の交渉不足も含めてお詫びしたい」と謝罪した。

 なぜ見送りという決定に至ったのか。榊原氏は「いくつかの要因が考えられる。何が最終的な原因になったのか、明確なものがない。週刊ポストさんで、私に関する音声データをベースに記事が載りました。フジテレビさんからすると由々しき問題で、以前から身辺調査含めた反社チェック、私も含めて関係各位には行われた。もちろん反社との交際はないということが認識できたので、フジテレビさんは『引き続き変更はございません』と発表しています。それでいったん、放送するしない問題について、これは変わらずだと認識していました。ただその後、社内の中で、色々な意見があったのだと思います。その中でやっぱり放送は難しいという空気感がでてきた」と説明した。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください