柳生博さん、85歳で死去 次男・宗助さん「大好きな八ヶ岳の森に囲まれ、穏やかな最期」

俳優の柳生博さんが、老衰のため今月16日に亡くなった。85歳だった。21日、柳生さんがオーナーを務めていた八ヶ岳倶楽部のフェイスブックで、次男の宗助さんが発表。宗助さんは、柳生さんについて「病院には入院せず、大好きな八ヶ岳の森に囲まれ、家族と倶楽部スタッフ、そして在宅医療の皆さまに見守られて、穏やかな最期でした」と説明。20日に家族葬を執り行い、あらためて八ヶ岳倶楽部で「お別れの会」を行うことも明かした。

クイズ番組「100万円クイズハンター」で12年間司会

 俳優の柳生博さんが、老衰のため今月16日に亡くなった。85歳だった。21日、柳生さんがオーナーを務めていた八ヶ岳倶楽部のフェイスブックで、次男の宗助さんが発表。宗助さんは、柳生さんについて「病院には入院せず、大好きな八ヶ岳の森に囲まれ、家族と倶楽部スタッフ、そして在宅医療の皆さまに見守られて、穏やかな最期でした」と説明。20日に家族葬を執り行い、あらためて八ヶ岳倶楽部で「お別れの会」を行うことも明かした。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 八ヶ岳倶楽部は、柳生さんが1989年、山梨県北杜市に設立。レストラン、ギャラリー、雑木林などを楽しめる施設で、宗助さんは「父は倶楽部の森をこれからも見守ってくれてると思います。八ヶ岳倶楽部は、いつも通り営業しております。また、ささやかですが、森の中に父を偲んで頂くためのスペースを設けました。ご希望がございましたら、スタッフにお尋ね下さいませ。今後ともどうぞ宜しくお願い致します」と呼び掛けた。

 柳生さんは東京商船大(現東京海洋大)を中退後、俳優座養成所を経て、1961年に映画「あれが港の灯だ」でデビュー。72年に日本テレビ系ドラマ「飛び出せ!青春」で注目され、77年にはNHK連続テレビ小説「いちばん星」で野口雨情役を演じた。

 その後も、数々の作品で「味のある脇役」を務めてきたが、81年9月から93年10月までテレビ朝日系「100万円クイズハンター」で司会を担当。低く渋い声で発する「ハンターチャンス!」の決めせりふで人気を集めた。また、フジテレビ系「平成教育委員会」ではレギュラー解答者を務めていた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください