松坂桃李、“宿命の相手”は樹木希林さん 内田也哉子と共演には「ちょっとゾクっとした」

俳優の松坂桃李が13日、都内で行われた映画「流浪の月」(5月13日公開、李相日監督)の完成披露試写会に、ダブル主演の広瀬すず、共演の横浜流星、多部未華子、メガホンをとった李監督とともに登壇した。

イベントに登場した松坂桃李【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに登場した松坂桃李【写真:ENCOUNT編集部】

映画「流浪の月」完成披露試写会に登壇

 俳優の松坂桃李が13日、都内で行われた映画「流浪の月」(5月13日公開、李相日監督)の完成披露試写会に、ダブル主演の広瀬すず、共演の横浜流星、多部未華子、メガホンをとった李監督とともに登壇した。

 2020年本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1位に輝いた凪良ゆうによる傑作小説が原作。10歳のときに誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗を広瀬が、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文を松坂が演じる。

 自身が演じた役について松坂は「僕史上、1番難しい役でした」といい、「掘っても掘っても答えが見つからないというか、ずっと霧の中でもがいている感じで、そこをずっとさまよっている感じだったんですけど、李さんも一緒にさまよってくれて、最終的に監督は一緒にその役になってくれました」とコメント。終盤のシーンでリハーサルを重ね、後日、同シーンのリハーサルをする際に監督が「俺も1回ホテルに帰ってやってみたんだよ」と言ったことを明かし「それがすごくうれしかったんですよね。寄り添うというよりは、同じ角度で一緒になって挑んでくれているのが、今まで味わったことがなかったので、それは僕にとっても救われたというか、うれしい瞬間でした」と李監督に感謝した。

 また、本作の内容にちなみ、“宿命の相手”を発表する一幕もあり、松坂は樹木希林さんの名前を挙げた。初主演映画に祖母役で出演した希林さんが、演技経験の少ない松坂に対しいろいろと教えてくれたことを明かし、「お芝居のことを含めて、『人っていうのはね』というところから派生していって、番宣も頑張らなきゃいけないということで、単独主演ということで『僕1人で頑張ります』って感じだったんですけど、希林さんが全部ついてきてくれたんです」と回顧し、「出るたびに『喋る前に“あー”とか“えー”とか言わないの』とか『記者の方が例え同じ質問をしても同じ返しなんてしちゃダメ』って、人からお芝居から番宣までいろいろ教わりました」としみじみ。

 本作では、母親役を樹木希林さんさんの長女である内田也哉子が務めているが「也哉子さんって決まったときに縁を感じまして、ちょっとゾクっとしたんですよね。なので、お母さんとのシーンはなんとも言えない感情が湧き起こっている瞬間で、一言では言い表せない気持ちになりました」と吐露した。

 同じ質問に広瀬すずは“姉”(広瀬アリス)と書き「姉妹であり、友達であり、同業者であり、一緒に過ごした時間が割と短いので、いつもなんなんだろうなと思いながら、切っても切れないですし、先輩でもあるので、不思議な距離感の姉妹だと思うんですよ。だから客観的にいうと姉なのかなって」と説明した。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください