西島秀俊、アンソニー・ホプキンスからの“祝福”明かす「晴れがましい気持ちだった」

第94回アカデミー賞国際長編映画賞に輝いた映画「ドライブ・マイ・カー」の凱旋舞台あいさつが5日夜、東京・有楽町のTOHOシネマズ日比谷で行われ、濱口竜介監督、出演の西島秀俊、三浦透子、霧島れいか、岡田将生が勢ぞろいした。

濱口竜介監督、三浦透子、西島秀俊、岡田将生、霧島れいか(左から)【写真:ENCOUNT編集部】
濱口竜介監督、三浦透子、西島秀俊、岡田将生、霧島れいか(左から)【写真:ENCOUNT編集部】

「ドライブ・マイ・カー」の凱旋舞台あいさつに出席

 第94回アカデミー賞国際長編映画賞に輝いた映画「ドライブ・マイ・カー」の凱旋舞台あいさつが5日夜、東京・有楽町のTOHOシネマズ日比谷で行われ、濱口竜介監督、出演の西島秀俊、三浦透子、霧島れいか、岡田将生が勢ぞろいした。

 国際長編映画賞(旧・外国語映画賞)の日本人の受賞は2009年、滝田洋二郎監督の「おくりびと」以来の快挙。三浦が舞台出演のため、授賞式には参加できず、久々の全員集合で、快挙を祝った。

 濱口監督は、ほぼ英語による受賞スピーチについて「僕がサンキューを言うタイミングが早くて、お礼が冒頭部分で終わってしまった。でも、その後、キャストやその場にいなかった三浦さんにお礼を言えてよかった」と振り返ると、主演の西島は「自分も晴れがましい気持ちで、監督はすごいプレッシャーだろうな、(会場に)気持ちが伝わっているのを感じた」。岡田は「勝手に監督に抱きついてしまった。スタッフ、キャストの名前を聞いただけでもウルッとした」。霧島は「ドキドキした。ピョンピョンはねて喜んだけど、もっと喜べばよかった」。テレビで見ていたという三浦は「名前を呼んでもらって、うれしかったです。素敵な時間を経験させてもらいました」と話した。

 濱口監督らはハリウッド・セレブとのひとときも。「スピルバーグ監督と写真も撮れた。『ご一緒できて光栄』と話しかけると、『賞にふさわしい作品だった』とおっしゃってくれた。子供の頃から見てきたので、こんなことがあるのか、と思った」。西島も「アンソニー・ホプキンスさんから『おめでとう』と言ってもらえた」といい、「パワー・オブ・ザ・ドッグ」で監督賞のジェーン・カンピオン監督が「(岡田のことを)バッドボーイ! と称えていた」と明かすと、岡田は「作品を見てくれた上でおっしゃってくれたので、うれしかった。『コーダ』(で助演男優賞)のトロイ・コッツァーさんと少しだけお話できた」と喜び。

 映画は、ブルーレイ&DVDが発売中だが、全国の映画館でロングラン公開中。興収10億円、82万人を突破した。濱口監督は「自分の作った映画が興収10億円! こんなことがあるとは思っていなかった。来てくださった方々のおかげです」と感無量の表情。

 舞台あいさつでは、オスカー像がお披露目。濱口監督が「2年前、『パラサイト』のポン・ジュノ監督が軽々と持ち上げていたが、実際に持ったら重かった。ポン・ジュノ監督の筋力がすごかったんだ」。しかし、初めてオスカー像を持った三浦は「思ったほど重くない」といい、濱口監督はびっくりしていた。

 同映画は村上春樹の短編小説を原作に、妻(霧島れいか)を失った演出家の家福(西島)が専属ドライバーみさき(三浦透子)との出会いなどを通して、乗り越えていく姿を描く物語。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください