「SING/シング」が3週連続1位を獲得 注目作「ドライブ・マイ・カー」は6位まで上昇

2日、3日の映画動員ランキング(興行通信社調べ)が4日に発表され、「SING/シング:ネクストステージ」(東宝東和)が3週連続で首位を獲得した。

映画動員ランキングが発表された(写真はイメージ)【写真:写真AC】
映画動員ランキングが発表された(写真はイメージ)【写真:写真AC】

「劇場版 呪術廻戦 0」は歴代18位まであと少し

 2日、3日の映画動員ランキング(興行通信社調べ)が4日に発表され、「SING/シング:ネクストステージ」(東宝東和)が3週連続で首位を獲得した。

 今週の動員ランキングは、「SING/シング:ネクストステージ」が、土日2日間で動員19万2000人、興収2億5300万円をあげ、3週連続の首位を獲得。累計では動員169万人、興収21億円を突破している。

 先週2位でスタートを切った「映画 おそ松さん」(東宝)は、土日2日間で動員14万4000人、興収2億1300万円をあげその順位をキープ。累計では動員75万人、興収10億円を突破。公開から5週目を迎えた「ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021」(東宝)も土日2日間で動員12万人、興収1億4900万円をあげ3位に留まった。累計では動員178万人、興収21億円を突破。1位から3位は先週と同様の顔ぶれとなった。

 4位には、土日2日間で動員10万1000人、興収1億6100万円をあげた新作「モービウス」(ソニー)がランクイン。「東西ジャニーズJr.ぼくらのサバイバルウォーズ」(松竹)も9位に初登場を果たした。同作は、東西のジャニーズJr.人気グループ「少年忍者」と「Lil かんさい」が映画初主演を務めた完全オリジナルストーリーの青春アドベンチャーだ。

 既存作品では、先週再ランクインを果たし、今週6位まで順位を上げてきた「ドライブ・マイ・カー」(ビターズ・エンド)が、累計で動員80万人、興収10億円を突破。7位の「劇場版 呪術廻戦 0」(東宝)は、累計で動員950万人、興収133億2000万円を突破した。最終興収133.7億円をあげ歴代興収18位の「アナと雪の女王2」まであと少しと迫っている。8位の「THE BATMAN-ザ・バットマン-」(ワーナー)は累計で、動員70万人、興収10億円を突破。アニメ「オッドタクシー」の劇場版「映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ」(アスミック・エース)は10位でスタートを切った。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください