林遣都、出演舞台は「みんなで一緒に試合に臨む気持ち」 “部活”並の稽古に充実感

東京・PARCO劇場で上演される舞台パルコ・プロデュース2022「セールスマンの死」の初日記者会見が4日に行われ、主演の段田安則、鈴木保奈美、福士誠治、林遣都、鶴見辰吾、高橋克実が出席した。

「セールスマンの死」初日記者会見に出席した林遣都【写真:ENCOUNT編集部】
「セールスマンの死」初日記者会見に出席した林遣都【写真:ENCOUNT編集部】

段田安則主演「セールスマンの死」

 東京・PARCO劇場で上演される舞台パルコ・プロデュース2022「セールスマンの死」の初日記者会見が4日に行われ、主演の段田安則、鈴木保奈美、福士誠治、林遣都、鶴見辰吾、高橋克実が出席した。

 主人公・ウィリー(段田)の次男・ハッピーを演じる林は、稽古の様子を「1か月間、時には予定時間を過ぎるくらいみっちり稽古をしてくださって、本当に部活のようだった」と回顧。「今日もショーンさんがお話してくださったんですけど、部活の監督みたい。みんなで一緒に試合に臨んでいく気持ちになって、ぐっときました」と話し、気合を入れ直していた。

 同作は、過酷な競争社会、若者の挫折、家庭の崩壊を描き、トニー賞、ニューヨーク劇評家賞、ピューリッツア賞を受賞した近代演劇の金字塔となるアーサー・ミラーによる戯曲で、演出をショーン・ホームズが手がけている。この日はプレビュー公演の開演前に、報道陣に向けて一部内容を上演した。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください