注目女優の松本穂香が初の“復讐劇”に挑戦 「見る人にとって忘れられない役にしたい」

玉木宏が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系の新ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」(4月14日スタート、毎週火曜午後9時)で、ヒロイン・吉江美佐役として松本穂香の出演が決定した。本作は、養父母を自殺に追いやった運送会社社長への復讐を誓った双子の兄弟を描いたサスペンス。松本にとって、初の復讐劇への出演となる。

初の復讐劇への出演となる松本穂香(C)カンテレ
初の復讐劇への出演となる松本穂香(C)カンテレ

4・14スタート 玉木宏主演・高橋一生共演の新ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」

 玉木宏が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系の新ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」(4月14日スタート、毎週火曜午後9時)で、ヒロイン・吉江美佐役として松本穂香の出演が決定した。本作は、養父母を自殺に追いやった運送会社社長への復讐を誓った双子の兄弟を描いたサスペンス。松本にとって、初の復讐劇への出演となる。

 本作は、復讐のために心を捨て、顔も名前も変え、裏社会に身を投じた主人公・竜一を玉木が演じる。竜一の双子の弟で、運送会社を監督する国土交通省のエリート官僚として権力を掌握していく竜二を演じるのは、玉木とは初共演の高橋一生。松本演じる美佐は、竜一と竜二が養子として引き取られた吉江家に誕生した血のつながりのない妹だ。

 美佐は両親が自殺した5歳当時の記憶は残っておらず、事故死と教えられてきた。その後は二人の兄とともにささやかに暮らしてきたが、美佐が12歳のときに双子の復讐計画が始動。美佐は竜一が亡くなったものと思い込んでおり、整形して別人になり替わったことは知らない。再び家族を失った悲しみを抱えることになった美佐は、国交省の官僚となった竜二のサポートを受けながら大学へ進学し、卒業後は小学校教師の道に進む。幼い頃、竜一に教えられた通り、逆境に負けない強い女性へと成長していった。残されたもう一人の兄・竜二とは、血のつながりがないと分かってからも兄妹としての関係を続けてきたが、竜二の方は成長した美佐に、いつしか妹以上の感情を抱くように。また、竜一は、美佐にとっては「過去に死んだ兄」であるため、決して名乗り出られない切なさとジレンマを抱えていく。

 そんななか、美佐は、徐々に竜二が自分に隠し事をしていることに気付き、自分たち家族の過去を調べ始める。竜一と竜二にとっては、唯一の守るべき存在である美佐の行動が、皮肉にも復讐計画のみならず、双子の絆をも狂わせる事態に発展していく。激しい復讐心の裏にある、三兄妹の強い絆は、物語にどう波乱を起こすのか……。

 いま注目の若手女優である松本にとって、初の復讐劇は新境地となる。演じる美佐は、複雑な環境で育ってきた女性で、か弱い妹キャラではなく、純粋さと芯の強さを併せ持つ役どころ。竜一と竜二と接する中で揺れ動く繊細な心境や、純粋だからこそ復讐を企てる二人にとっての大きな障壁となっていく姿を、松本がどう演じていくのか。松本の女優としての新たな一面に出会えるはずだ。

 ■松本穂香のコメント

――このドラマの企画、そして脚本を読まれた時の印象をお聞かせください。

「裏社会や政治が関わってくる難しそうな話ですが、登場人物たちの感情もしっかり描かれているのでとてもわかりやすくて、いろいろな人に楽しんでもらえる作品になるんじゃないかなと思いました」

――演じる美佐についてどんな印象をお持ちですか。

「複雑な環境で育つなかで、強くならざるを得ない人生を歩んできた女性だと思います。なので、優しいけれど弱くはない、「優しくて、芯が強い女性」ということは、意識して演じていきたいなと思います。

――玉木宏さん、高橋一生さんとは仲の良い三兄妹を演じますがいかがですか。

「玉木さんも高橋さんもたくさんの作品を見させていただいて、その役の印象が強く残っています。とにかくお二人とも役への入り込み方がすごいという印象があります。私としては、余計なことは考えず、ただ妹として竜一と竜二のことを、兄として愛することで美佐という役を作っていけたらと思っています」

――これから始まる撮影に向けて抱負を教えてください。

「毎回、ちょっとずつでも成長できたらいいなという気持ちでやっているので、この作品でも挑戦していきたいなと思います。こういう復讐モノの作品に出演するのは初めてなので、この美佐を私にとっても、見てくださる方々にとっても忘れられない役にしたいです」

――視聴者に向けてメッセージをお願いします。

「玉木さん演じる竜一と高橋さん演じる竜二、それぞれ違う迫力を楽しんでもらえたらと思います。復讐という向かう先は一緒のはずの二人に妹の美佐が絡んでいくことで、いろいろ展開が巻き起こって全然予測できない方向に進んでいきますし、毎話のドンデン返しを純粋に楽しんでいただけたらいいなと思います」 

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)