志らく、不貞行為報道の18歳下妻の酒癖に苦言 「これ以上、酒飲むな」

落語家の立川志らくが5日、MCを務めるTBS系の情報番組「グッとラック!」で、文春オンラインの報道について謝罪した。

やたら饒舌だった立川志らく
やたら饒舌だった立川志らく

TBS系の情報番組「グッとラック!」で釈明

 落語家の立川志らくが5日、MCを務めるTBS系の情報番組「グッとラック!」で、文春オンラインの報道について謝罪した。

 文春オンラインは4日、「立川志らく56歳 アイドル妻38歳と弟子の自宅前『わいせつ』行為」と題して、志らくのスキャンダルを報じた。

 冒頭、1人でカメラに向かった志らくは「本来ですと、重要な話題をすぐにお届けしなくちゃいけないのでございますが、志らくごときのことでまことに申し訳ございませんが、ひと言だけお時間をいただきます」と前置き。

 そして「実は私のプライベートのことでゴタゴタが起きまして、某週刊誌に私の妻と元弟子との不貞関係というのが掲載されました。それに関して私は妻のことを信じておりますので、このことで夫婦の絆が壊れることもございません。離婚することも1億%ございませんので。なぜそんなことが言えるかというと、家族だから。この程度のことで絆が崩れることはない。あとは私の妻を、かけがいのない妻を世間の目から守る、命がけで守る、それだけでございます」と疑惑を否定した。

 その後、いつもの調子に戻り、「いきなり冒頭から謝罪会見みたいにしてると、『ビビット』の時の堀尾さんみたいな感じ」と話し、スタジオは爆笑に包まれた。

 これで力が抜けた志らくは、”監督不行き届き”として妻の性格についても言及。

「ウチのカミさんは18歳年下でファンキー女将といわれていて、お酒飲むとわけが分からなくなっちゃう。だからこれ以上、酒飲むなと、弟子にも愛情かけすぎるなと、弟子にも子供みたいなもんだから、いい加減にしろと小言言いました。とにかく夫婦はいろいろありますから。舛添さんに聞けば一番よく分かる」と続け、ゲストの舛添要一氏に水を向けた。

 舛添氏は「あなたの10倍くらい苦労してますよ」と冷静にコメント。

 志らくは「文春砲くらってしまったわけでございます。皆さん、立ち読みでいいですから!」と、こりごりの様子だった。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)