土屋太鳳主演「やんごとなき一族」 松下洸平とクランクイン、撮影現場は終始和やか

土屋太鳳主演のフジテレビ系木曜劇場「やんごとなき一族」(4月14日スタート)の撮影が東京都内でクランクインを迎えた。

クランクインを迎えた松下洸平(左)と土屋太鳳【写真:(C)フジテレビ】
クランクインを迎えた松下洸平(左)と土屋太鳳【写真:(C)フジテレビ】

4月14日スタートの“アフター・シンデレラ・ストーリー”

 土屋太鳳主演のフジテレビ系木曜劇場「やんごとなき一族」(4月14日スタート)の撮影が東京都内でクランクインを迎えた。

 同作は、庶民の家庭から上流社会の一家に嫁ぐことになった土屋演じる主人公・篠原佐都(しのはら・さと)が、理不尽な家のしきたりや親族内の複雑な人間関係に翻弄(ほんろう)されながらも、松下洸平演じる夫・深山健太(みやま・けんた)とともに真正面から立ち向かい奮闘する“アフター・シンデレラ・ストーリー”。原作は現在「Kiss」(講談社)で連載中の、こやまゆかり作の同名コミックだ。

 青空の下、暖かな陽気の中で土屋と松下がクランクイン。スタッフから「篠原佐都役の土屋太鳳さんです!」と紹介されると、土屋は「よろしくお願いします!」と一礼。続いて「深山健太役の松下洸平さんです!」と紹介され、松下が「ありがとうございます!」と応えてみせると、2人に向けてスタッフから大きな拍手が贈られた。

 最初の撮影は、佐都と健太が深山家へ向かう車中でのシーン。リハーサルでは、2人が田中亮監督らスタッフと動きやセリフの抑揚を入念に確認し、それぞれのキャラクターを詰めていった。現場は終始和やかなムードで、撮影の合間には2人がスタッフと談笑する姿も見られた。



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください