舞台「戦国学園」キャスト6人インタビュー 汐崎アイル「いい意味の爪痕を残す」、與座亘は「稽古場の癒し担当」任命

戦国時代と学園ものをかけ合わせたら……。そんなユニークな舞台が3月13日から上演される。イケメンだらけの戦国武将の末裔たちが繰り広げるハイスクールコメディ舞台「戦国学園~令和決戦!天下取り~」だ。ENCOUNT編集部では、まるで“男子校”のように和気あいあいとする百名ヒロキ、汐崎アイル、葉山昴、ヨンミン(元BOYFRIEND)、イ・セヨン(CROSS GENE)、與座亘のキャスト陣と、企画プロデューサーを務める有村昆氏、楽曲担当の柏原収史氏に、舞台の魅力や意気込みを聞いた。前編はキャスト編。

舞台「戦国学園~令和決戦!天下取り~」
舞台「戦国学園~令和決戦!天下取り~」

舞台「戦国学園~令和決戦!天下取り~」 “男子校”のように和気あいあいのキャスト陣インタビュー

 戦国時代と学園ものをかけ合わせたら……。そんなユニークな舞台が3月13日から上演される。イケメンだらけの戦国武将の末裔たちが繰り広げるハイスクールコメディ舞台「戦国学園~令和決戦!天下取り~」だ。ENCOUNT編集部では、まるで“男子校”のように和気あいあいとする百名ヒロキ、汐崎アイル、葉山昴、ヨンミン(元BOYFRIEND)、イ・セヨン(CROSS GENE)、與座亘のキャスト陣と、企画プロデューサーを務める有村昆氏、楽曲担当の柏原収史氏に、舞台の魅力や意気込みを聞いた。前編はキャスト編。
 
 男性だけのキャストで演じる今回の舞台。岐阜県・不破郡関ケ原にある戦国武将の末裔しか入学できない高校「戦国学園」。生徒たちは勉強もせずに毎日喧嘩に明け暮れていたが、そんな中である事件をきっかけに学園内の陰謀が明らかに。それぞれが先祖への想いと武将魂を胸に、熱い闘いを繰り広げるハイスクールコメディだ。3月13日~3月18日にかけて東京・浅草花劇場で上演される。

 登場するオリジナルキャラクターは個性があふれる。キャラクターをひとことで言うとどんな表現になるのか。見てほしいポイントを併せて聞くと……

 持って産まれた運動神経と達者な口でのし上がる豊臣家の末裔・羽柴瓢箪(ハシバ・ヒョウタン)を演じる百名は「純粋です。純粋だからこそ、殿に逆らったり、その中にいろいろな事件があって成長していく。成長を見せていけたらと思います」と語る。瓢箪の真の敵である徳川家の末裔・徳川日出朗(トクガワ・ヒデアキ)を演じる汐崎は「やんちゃです。アクションとそこに乗っかる熱量を見ていただければ」と話す。争いの絶えなかった戦国学園をおさめた伝説の三年生で織田家の末裔・織田信歆(オダ・ノブオ)役の葉山は「天才肌。わがままだったり自由奔放なキャラの中に、本当はこういう思いがあるんだぞという芯の部分があります。前半と後半で二面性じゃないですけど、筋の通ったキャラクターの変化を見てもらえたらと思っています」と強調する。

 瓢箪の1番の後輩であり良き理解者でもある真田家の末裔・真田録悶(サナダ・ロクモン)を演じるヨンミンは「情熱的。いろいろな役をやってきましたが、自分を『俺』と呼ぶことは初めてなんです。ちょっと強い人というイメージを表現したいです」と話す。どんな会話でも三本の矢を例題に出して説明するインテリ王子で、毛利家の末裔・毛利三本(モオリ・サンボン)役のセヨンは「芯がある人。舞台全体、作品全部を見せたいなと思います」と声を弾ませた。

 そして、上杉と喧嘩をするためにいつも喫茶川中島で待っているが、全然上杉に来てもらえない“悲しい奴”という武田家の末裔・武田我斬(タケダ・カザン)を演じる與座は「熱血バカみたいなイメージです。立派な信玄さんとは真逆を行くイメージです」と語った。ここで、ほかのメンバーから「それは(與座)亘君のことだよね?」とツッコミが入る。與座は「武田に関しては報われないところもあるので、そういった部分も含めてキャラクターとして愛してもらえるように。どこか憎めないみたいな。そういうところを見ていただきたいです」と力を込めた。

 好きな歴史上の人物や自身にとってのヒーローについての質問で、汐崎は“インテリぶり”を発揮。「好奇心が強い、そういう意味で言うと、小泉八雲と空海。たぶん好奇心がないとあの生き方はできませんよね。そういった人物が好きです」と話すと、同席した有村氏が「レベルが急に上がりましたね」と合いの手。汐崎は「周りがやっていないことをやる。僕は小泉八雲の歴史観が好きです。同じアイルランド系でもあるので」と続けた。

「この流れで話しずらいなあ」と笑うのは、葉山。「べたですけど、豊臣秀吉が好きです。僕は中学受験をしたんですけど、塾に通っている時に歴史を勉強する必要があって、NHK大河ドラマを見ろと言われまして、その頃に放送されていたのが、竹中直人さんの『秀吉』。めちゃくちゃ面白くて、それで秀吉が好きです」と明かした。「2014年度のセンター試験で日本史で100点」の過去を持つという與座は「浅井長政です。報われなかった人物だと思うんですけど、悲劇が印象的です」と話した。

 最後に舞台への意気込み。

 汐崎は「みなさんに100点を投げることは難しいかもしれませんが、みなさんの心に残る瞬間や言葉というのはそれぞれが投げられると思うので、いい意味の爪痕を残すような作品にできればと思います」、葉山は「戦国武将の末裔の話なので、あくまで現代の時代設定です。戦国武将の関係性が取り入れられている部分があったり、戦国時代の用語がパロディで出てくるところもあるので、戦国時代好きの方はもちろん、逆に今まであまり触れてこなかった方たち、僕がいまそうなんですが、ちょっと戦国時代を勉強してみようかなと興味を持っていただけるような舞台になっていると思います」と自信を込めた。

 百名は「稽古を通して、どんどんすごいものができ上がっていく感覚があります。ワクワクするし、キャラクターも個性があるので魅力的な作品にしたいです」と笑顔。ヨンミンは「みなさんと遊ぶ感覚を持ちながら、本当に楽しい舞台を作りたいです」、セヨンは「キャスト、スタッフ、みんなが頑張ってお客さんに全部を伝えたいなと思っています」と決意表明した。

 いよいよ“オチ担当”の與座だ。制作発表会見の場では、誰にも負けない強みを聞かれて「僕が一番得意なのは、ごますりです。まだ若いので、先輩へのごますりは強い部類です。すられているほうがすられているとは気付かないごますりなので」と“暴露”していた。それだけに、このインタビューでは「この座組の中で、先輩方の姿をたくさん見られるということで、確実に体力とパワーの面で負けないように。それに、ちょっとでも疲れた感じが見えたら、先輩方をマッサージするなり肩をもんだりして……」としっかりとオチを付けた。現場は笑い声に包まれ、與座は「稽古場の癒し担当」と名付けられた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)