【RIZIN】初参戦18歳の松井大樹、“社長キックボクサー”撃破でプロデビューから4連勝

地元静岡出身18歳の松井大樹(MEIBUKAI)が、建設会社を経営する異色の“社長キックボクサー”で30歳のMASANARI(キック塾)に3-0の判定で勝利を収めた。松井はプロデビューから4戦4勝となった。

試合後の会見に臨んだ松井大樹【写真:ENCOUNT編集部】
試合後の会見に臨んだ松井大樹【写真:ENCOUNT編集部】

格闘技イベント「SPASHAN HPS presents RIZIN TRIGGER 2nd」第3試合

 格闘技イベント「SPASHAN HPS presents RIZIN TRIGGER 2nd」(2022年2月23日、静岡・エコパアリーナ)金網マッチ、RIZIN キックボクシングルール(58キロ、3分×3R)

【PR】天心―武尊が見られるのはABEMAだけ! ABEMAプレミアム会員なら20%OFF【視聴チケット購入はこちら】

 地元静岡出身18歳の松井大樹(MEIBUKAI)が、建設会社を経営する異色の“社長キックボクサー”で30歳のMASANARI(キック塾)に3-0の判定で勝利を収めた。松井はプロデビューから4戦4勝となった。

 RIZIN初参戦での初勝利に、松井の声は震えていた。試合後「RIZIN初参戦で派手なKO勝ちしたかったんですけど倒しきれなかったので悔しいです。緊張したんですけど、練習した通りにできてよかったです」と心境を吐露。

 MASANARIについては「実際にやってみたら思ったよりも体が強かった。効かせるまでやり続けようと思っていました」とコメントし、最後に「これからはKOできる選手になろうと思っています」と活躍を誓った。

 松井は、静岡キック界の要注目ファイター。空手のテクニックを生かして活躍し、アマでは、21戦21勝という驚異の戦績を残していた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください