東出昌大、所属事務所が専属契約解消を発表「これ以上共に歩くことはできない」

俳優の東出昌大が14日をもって、所属事務所「ユマニテ」との契約を解消した。同事務所の公式サイトで15日に発表された。

東出昌大【写真:ENCOUNT編集部】
東出昌大【写真:ENCOUNT編集部】

事務所「ユマニテ」は14日をもって契約解消

 俳優の東出昌大が14日をもって、所属事務所「ユマニテ」との契約を解消した。同事務所の公式サイトで15日に発表された。

 畠中鈴子代表取締役の名義で出された発表では「東出昌大についてお知らせいたします。弊社は2022年2月14日をもって 東出昌大との専属契約を解消いたします」と報告し、次のように経緯をつづっている。

「2020年1月の東出昌大の不祥事以来 2年間にわたって、弊社はさまざまな問題に全力で対処してまいりました。そして、また、彼の俳優としての再生への道も模索してまいりました。

 真摯に1つ1つの作品を重ねてゆくことで 東出昌大の俳優としての再生の可能性をいつか見つけられるかもしれないという思いでした。当然 それは彼自身も 同じ思いで進んでいるはずだと思っておりました。

 しかし 昨年秋、東出の配慮に欠ける行動でその再生への道は頓挫いたしました。その時 私たちが感じたものは 怒りというよりも、徒労感と虚しさでした。そして熟慮の末に、これ以上 共に歩くことは できないという結論に達しました」

 そして、「改めて東出昌大の作品の1つ1つを思い返しました。それらは東出にとっての宝であると同時に 我々にとっても 大切な足跡であります。それだけに 今回の決断は 苦渋の選択でありました」と胸の内を明かしつつ、「本日 専属契約は終了いたしますが いくつかの未公開の作品もございます。東出昌大が 大切なものは何かということを 捉え直して 再生への道を歩き出してほしいと思います」と結んでいる。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください