30歳坂口健太郎、10年後までにしたいこと告白「手放せる力が必要」

俳優の坂口健太郎が24日、都内で行われた映画「余命10年」(3月4日公開)のジャパンプレミアに出席。「10年後までにしたいこと」を発表した。

「断捨離」をしたい坂口健太郎【写真:ENCOUNT編集部】
「断捨離」をしたい坂口健太郎【写真:ENCOUNT編集部】

映画「余命10年」ジャパンプレミア

 俳優の坂口健太郎が24日、都内で行われた映画「余命10年」(3月4日公開)のジャパンプレミアに出席。「10年後までにしたいこと」を発表した。

 坂口は「断捨離」と書かれたフリップを掲げ、「ちょうど今30歳なんですけど、変なメッキをつけたくないと思っています。人前に出るお仕事をさせていただいていて、自分で勝手に変なメッキをつけているんじゃないかと思うことがある。10年後は40歳なので、手放せる力が必要。色んな仕事をしていくうえで、自分についたメッキを捨てられるようにしたい」と明かした。

 坂口とダブル主演を務めた小松菜奈は「日本一周」と回答し、「世界一周にしようかと思ったけど、まず日本を知らないなって思ったので日本を知っていくことから始めたい。そこで出会う人、色んな話を色んな人に聞きたい。日本は素晴らしい場所なんだぞって紹介できるように、いいところをたくさん知っていきたい」と笑顔で話した。

 本作は、2017年に発売されSNSを中心に話題となった小坂流加氏による同名恋愛小説が原作。不治の病により余命10年と知った20歳の茉莉は「もう恋はしない」と決意するも、和人と出会い、次第に心が動き出していくというストーリー。ジャパンプレミアには山田裕貴、奈緒、黒木華、原日出子、松重豊、藤井道人監督も登壇した。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください