純烈、J1王者・川崎の新体制会見で2曲熱唱 Jリーグ開幕戦始球式を務めることも発表

純烈が15日、川崎市内で行われたサッカーJ1川崎フロンターレの「2022年新体制発表会見」に登場した。

純烈が川崎フロンターレの「2022年新体制発表会見」に登場
純烈が川崎フロンターレの「2022年新体制発表会見」に登場

Jリーグ開幕戦「川崎対FC東京」でハーフタイムショーを行うことも発表

 純烈が15日、川崎市内で行われたサッカーJ1川崎フロンターレの「2022年新体制発表会見」に登場した。

 昨季J1連覇を果たした王者・川崎。同チームの創立26周年を記念した「026サポーター」に就任した純烈がイベントを飾った。映画「スーパー戦闘 純烈ジャー」の主題歌「NEW(入浴)YORK」と、紅白初出場を果たした「プロポーズ」をフロンターレ26周年特別ver.とした「フロポーズ」の2曲を熱唱し、抽選で選ばれた約800人を沸かせた。

 また、川崎市内の公立小学校6年生に配布される「川崎フロンターレ算数ドリル」に参加すること、そして2月18日のJリーグ開幕戦、川崎フロンターレ対FC東京戦で始球式を務め、ハーフタイムショーを行うことも発表された。

 川崎フロンターレは、チーム名に「フロ(風呂)」と付くことから「いっしょにおフロんたーれ」という銭湯の利用促進キャンペーンを行っている。優勝の際には特製風呂桶を掲げるなど、日頃から「風呂」にちなんだ変わり種のイベントなどを行っており、「スーパー銭湯アイドル」と呼ばれる純烈に打診をしたことで実現したという。

 酒井一圭は「スーパー銭湯で歌ってきて、まさか2万5000人のスタジアムで歌う日が来るとは思っていませんでした。今年はフロンターレの26周年を一緒に盛り上げていきます! サポーターの皆さん、純烈ファンのマダムがスタジアムに行ったら優しくしてあげてください。」と語った。

 なお、会見はYouTubeの「川崎フロンターレ公式チャンネル」で生配信され、アーカイブもされている。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください