伊藤沙莉、今年の抱負は「笑いNGゼロ」 撮影現場で遠藤憲一に“ツボる”

女優の伊藤沙莉が9日、都内で、フジテレビ系月9ドラマ「ミステリと言う勿れ」(10日スタート)の完成披露イベントに出席した。華やかな振り袖姿で登場した。

月9ドラマ「ミステリと言う勿れ」に出演する伊藤沙莉【写真:ENCOUNT編集部】
月9ドラマ「ミステリと言う勿れ」に出演する伊藤沙莉【写真:ENCOUNT編集部】

11年ぶり2度目の月9「ミステリと言う勿れ」で新人刑事役

 女優の伊藤沙莉が9日、都内で、フジテレビ系月9ドラマ「ミステリと言う勿れ」(10日スタート)の完成披露イベントに出席した。華やかな振り袖姿で登場した。

 菅田将暉演じる天然パーマがトレードマークの主人公の大学生が淡々と自身の見解を述べるだけで難事件や人の心の闇を解きほぐしていく新感覚ミステリー。伊藤は新人刑事役を熱演している。

 伊藤は自身初めての刑事役について、「役柄的にやってみたかったのでうれしかったですけど、1回だけ銃が持てそうなシーンがあったのですが、結果として必要ないと取り上げられたことがあるんです。静かに銃を構える流れをやったのですが、段取りのあとに取り上げられちゃいました」とのエピソードを明かし、「それだけが心残りです。もう1度、銃を手に取りたいです」と熱望した。

 また、撮影現場で共演者の遠藤憲一のことを笑ってしまう“ハプニング”をしばしば起こしたという。遠藤が「なんでだかなんでも笑うんだよね」と言うと、伊藤は「笑わせてくるから」と反応した。遠藤によると、撮影待ちで台の上に乗って待っているところを伊藤が見ただけでも、「笑い転げちゃってさ」という。遠藤のフェースシールド姿に笑ってしまうことも。周りの出演者にも“伝染”し、笑いがあふれる現場だったという。“笑いNG”も出たとのことだ。

 伊藤は今年の抱負を語っている際に、「現場を引っ張らないといけないときに、私は笑いNGがよその現場でも多いので。今年は笑いNGゼロを目指します。それが抱負。昨日の別の現場でも怒られたんです」と“暴露”。遠藤は「沙莉ちゃんの笑いで現場が明るくなるからいいんだよ」とフォローを入れた。

 イベントには菅田、伊藤、遠藤のほか、共演者の尾上松也、筒井道隆が参加した。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください