「もっと真剣にウイルスと戦え」舛添要一氏が国会を一喝 与野党に手厳しく苦言

前東京都知事で国際政治学者の舛添要一氏が14日、ツイッターを更新。新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策をめぐり、与野党の国会運営について、「もっと真剣にウイルスと戦え」と苦言を呈した。

舛添要一氏【写真:Getty Images】
舛添要一氏【写真:Getty Images】

「ウイルスとの戦争」と位置付け、感染対策の強化求める

 前東京都知事で国際政治学者の舛添要一氏が14日、ツイッターを更新。新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策をめぐり、与野党の国会運営について、「もっと真剣にウイルスと戦え」と苦言を呈した。

 舛添氏は「ウイルスとの戦争のときに、国会は何をしているのか」と一喝。さらに、「番犬が吠えるのと同じで、野党は政府を批判するのが仕事だ。五月蠅いと文句を言うほうがおかしい。政府側は、我慢すべきで、ヤジってはならない。安倍首相のヤジはレッドカードに近いイエローカードだ」と続けた。

 国内での感染が拡大する一方で、舛添氏は「与野党とも、もっと真剣にウイルスと戦え!」と手厳しく指摘した。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)