高須院長が新型コロナ対策で国会に“喝” 「今は与野党一丸となって食い止める段階」

高須クリニックの高須克弥院長が14日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受け、開会中の通常国会について、「今は与野党一丸となって中国肺炎の国内拡散を食い止める段階」と指摘した。

高須克弥院長
高須克弥院長

自身のツイッターで感染対策について国会に“注文”

 高須クリニックの高須克弥院長が14日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受け、開会中の通常国会について、「今は与野党一丸となって中国肺炎の国内拡散を食い止める段階」と指摘した。

 高須院長は「過去の過ちを責めるのは止めときましょう。今は与野党一丸となって中国肺炎の国内拡散を食い止める段階です。危機感を徹底させ強力な指導力を発揮する時です」と、国会に向けて注文を付けた。

 そのうえで、感染拡大に歯止めのかからない現状を見て、「疫病が元凶で国が滅びることは珍しいことではありません。これから起こることこそ国家存亡の引き金だと思います。杞憂におわりますよう」とメッセージを込めた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください