蝶野正洋、YouTube開設を発表「俺を呼んでくれないか!?」長州力の出演は…

黒のカリスマ・蝶野正洋が11日、都内で会見し、プロレス35周年にちなんだ3大プロジェクトを発表した。

お決まりのポーズを決めた蝶野正洋
お決まりのポーズを決めた蝶野正洋

プロレス35周年会見

 黒のカリスマ・蝶野正洋が11日、都内で会見し、プロレス35周年にちなんだ3大プロジェクトを発表した。

 新著「自叙伝 蝶野正洋 I am CHONO」(竹書房)の発売と、YouTubeチャンネルの開設、5月10日の35周年イベント「CHONO35」(東京・日本消防会館)の3つで、「人生50にして天命を知る。まだまだやらなきゃいけないことたくさんある」と精力的に活動していくことを誓った。

 YouTubeでは、新日本プロレス時代の先輩、長州力から「蝶野! ユーチュバーやるなら俺を呼んでくれないか!? おまえの頭のカタチが変わるくらいめちゃくちゃにしてやります」と過激な言葉で出演を要求されている。

 これを引き合いに出した蝶野は「先輩の長州さんがツイッターで『蝶野、Youtubeやるなら俺をキャスティングしろ』と迷惑な横やりが入ってきた。お断りしたいと思います」と却下。

「長州さん、ツイッターを始めてものすごい話題になっている。あの人、ツイッターが何か分からずにやっている。YouTubeも分かっていないと思う」とツイッターで21万フォロワーを抱える長州の人気を認めつつも、仕組みを理解していないで利用していると苦笑した。

 それでも、YouTube開設を自身が力を入れる救命救急活動の一環としてとらえる蝶野は、ゲストとしての出演を検討。「長州さん、藤波さんとかみんな字幕を入れないと分からない。YouTubeは字幕が当たり前ですから、言ってる内容と書いている内容違うかもしれないですけど、取り入れていこうと思います」と語った。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)