ぼる塾・田辺さんは「海外かぶれ」 日本を熱弁する横であんりが痛烈なツッコミ

女性お笑いトリオ「ぼる塾」のきりやはるか、あんり、田辺智加の3人が28日に都内で行われた郷土料理のアレンジレシピコンテスト「第4回 ご当地タニタごはんコンテスト-ヘルシー郷土料理で健康まちおこし-」全国大会にアンバサダーとして登場した。

イベントに登場した「ぼる塾」田辺智加【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに登場した「ぼる塾」田辺智加【写真:ENCOUNT編集部】

イベントでコメント力を“披露”した田辺さん

 女性お笑いトリオ「ぼる塾」のきりやはるか、あんり、田辺智加の3人が28日に都内で行われた郷土料理のアレンジレシピコンテスト「第4回 ご当地タニタごはんコンテスト-ヘルシー郷土料理で健康まちおこし-」全国大会にアンバサダーとして登場した。

 審査員とともに出品料理を口にしたぼる塾。あんりは「私たちは小食なんですが、おいしいからいただけました……。すいません、うそつきました」と笑いを誘った。また、「皆さんが地元を背負って発表していく。日本に生まれてよかったなと思いました」と感想も述べた。

 田辺は「私は海外にあこがれを持ってしまうんですけど、日本って素晴らしいんだな、自分の住んでいる地域のことを知ることが大事だなと思いました」と真剣な表情を見せるも、あんりが「田辺さんは海外かぶれですから」と横でツッコミを入れていた。

 囲み取材では、あんりが「田辺さんのコメント力が素晴らしかったです」と絶賛すると、田辺は「まあねー」と髪をかき上げた。田辺は初の著書「あんた、食べてみな! ぼる塾 田辺のスイーツ天国」(マガジンハウス)を今年に出版。田辺は「今まで芸能人とあまり話ができなかったんですけど、この1年で『おすすめのスイーツありますか』と聞かれることが増えて、人とお話できるようになりました」と語った。あんりは「田辺さんについていくのがやっとです」とニッコリと笑っていた。

 同コンテストは日本全国に点在する郷土料理にフォーカス。地域の伝統的な調理法や調味料を生かしつつ、タニタが考える健康的な食事の目安に則ってアレンジしたレシピを 全国から募った。グランプリは北海道の吉田善哉さんチームの「エゾシカ肉のロースト等」が獲得した。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください