高梨沙羅、睡眠中の珍エピソード告白「ジャンプのこと考えてたら飛んだままどこかに行ってしまう」

ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅が4日、都内で行われたエアウィーヴ「北京2022オリンピック冬季競技大会日本代表選手団サポート発表会」に登場し、北京五輪への意気込みを語った。

あと3か月で北京五輪を迎える高梨沙羅【写真:ENCOUNT編集部】
あと3か月で北京五輪を迎える高梨沙羅【写真:ENCOUNT編集部】

最新エアウィーヴ商品を体験「思った以上に軽い」

 ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅が4日、都内で行われたエアウィーヴ「北京2022オリンピック冬季競技大会日本代表選手団サポート発表会」に登場し、北京五輪への意気込みを語った。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 10月22日、高梨は全日本選手権ノーマルヒルで史上初めての5連覇を達成。また、国内戦3連勝中と絶好調だ。「4年間積み上げてきたものがようやく形になったという実感が湧いたので、その自信があったからこそ、いい感じで行けたのかなと思っています」と快進撃の理由を語った。

 MCから「今の心境は?」と聞かれると、高梨は「北京五輪まで残り3か月となりましたが、自分の目の前のことをこなしていくことが結果につながっていくと思うので、最後まで走り抜けたいなと思います」とコメント。平昌五輪は銅メダルで巻き返しを期している。「もちろん金メダルを目指して頑張っている最中なので、4年間積み上げて成長した姿を見せられるようにしたい」と力を込めた。

 また、エアウィーヴ商品を体験した高梨は「睡眠をとることでリカバリーをしています。思った以上に軽い。サポートされている実感がある」と絶賛した。また、「寝る直前までジャンプのことを考えていたら、飛んだままどこかに行ってしまうという夢が多い」と睡眠に関するエピソードも明かした。

 エアウィーヴはチームジャパンオフィシャル寝具パートナーとして、来年2月に開幕する北京五輪日本代表選手団をサポートする。北京に向かう選手たちに最新のマットレスパッドと掛け布団を提供し、最高のパフォーマンスを発揮できるよう側面から支援する。

※高梨の高ははしごだか

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください