「ボン」つながりでまさかのコラボ 金爆がユニーク勝負企画に挑戦!爆風の中の100m走も…

ビジュアル系エアバンド「ゴールデンボンバー」が6月27日、都内で行われた「ボンカレーゴールド×スーパーボンバーマンR コラボ発表会」に参加した。人気レトルトカレーと定番ゲームとの「ボン」つながりで実現した特別企画。メンバーは体を張った真剣3番勝負にチャレンジすることに決まった。

ゴールデンボンバーと白ボンが対決する
ゴールデンボンバーと白ボンが対決する

ゴールデンボンバー×ボンカレー×ボンバーマン コラボが実現

 ビジュアル系エアバンド「ゴールデンボンバー」が6月27日、都内で行われた「ボンカレーゴールド×スーパーボンバーマンR コラボ発表会」に参加した。人気レトルトカレーと定番ゲームとの「ボン」つながりで実現した特別企画。メンバーは体を張った真剣3番勝負にチャレンジする。

 広報大使に任命されたゴールデンボンバーが挑戦するのは、7~9月に開催される「ボン活!3番勝負」だ。1本目は「爆走100m走対決」。ボンバーマンキャラクターの白ボンを相手に、爆風が吹き荒れる中で100メートル走で競う。いきなり最も過酷な対決となりそうだ。2本目は、徳島県にある大塚食品ボンカレー製造工場のスタッフを相手にした「国産じゃがいも芽取り対決」。そして、3本目は、「スーパーボンバーマンR ゲーム対決」だ。2チームに分かれて得点を競う「グランプリ」モードで、白ボンチームと相まみえる。

3番勝負の内容に驚きのゴールデンボンバー
3番勝負の内容に驚きのゴールデンボンバー

 「チームワークは自信がないなあ」と顔を見合わせ、笑いを誘ったゴールデンボンバーの4人。今回は名前つながりで任命を受け、鬼龍院翔(35)は「僕ら以外にはいない。あとは『ハリセンボン』ぐらい。バンド名を決める時に、スタイリッシュなビジュアル系の英語の名前にしなくてよかった」と話した。

 バンドの今後は「現状維持、低空飛行、横ばい」とし、ボン活について「改めて魅力に気付いてもらえるようボン活を頑張ります。1本目の過激な対決はお蔵入りしないように気を付けたい」と意気込みを語った。

イジリー岡田(左端)が司会進行を務めた
イジリー岡田(左端)が司会進行を務めた

 今回の企画は、1968年に世界初の市販用レトルト食品として発売されたボンカレーと、長年親しまれてきたパーティバトルゲーム「ボンバーマン」シリーズの最新作「スーパーボンバーマンR」とのタイアップ。夏季限定でコラボパッケージ商品が展開される。また、発表会の司会進行はイジリー岡田(54)が務めた。

(ENCOUNT編集部)