三吉彩花「パッと見るけどいない…」犬鳴村現場の“心霊体験”に清水崇監督「おばけも応援してくれた」

ホラー映画の巨匠・清水崇監督の最新作「犬鳴村」(2月7日全国公開)の公開直前会見が5日、都内のホテルで行われ、清水監督を始め、主演の三吉彩花、坂東龍汰、古川毅、宮野陽名、大谷凜香が参加した。本作には「全日本プロレス」が製作に携わったこともあり、この日は会見場にプロレスリングを特設。“前代未聞”のリング会見となった。

映画「犬鳴村」で主演を務めた三吉彩花(前方左)と全日本プロレスの宮原健斗
映画「犬鳴村」で主演を務めた三吉彩花(前方左)と全日本プロレスの宮原健斗

“最凶”ホラー映画「犬鳴村」と全日本プロレスがまさかのコラボ

 ホラー映画の巨匠・清水崇監督の最新作「犬鳴村」(2月7日全国公開)の公開直前会見が5日、都内のホテルで行われ、清水監督を始め、主演の三吉彩花、坂東龍汰、古川毅、宮野陽名、大谷凜香が参加した。本作には「全日本プロレス」が製作に携わったこともあり、この日は会見場にプロレスリングを特設。“前代未聞”のリング会見となった。

 九州に実在する心霊スポットを題材に取り上げた和製ホラーの本作。三吉は「もともとジャパニーズホラーが苦手です。洋画はよく観ていましたが、リアリティーが増して、じとーと怖い感じが苦手でした。清水監督には『清水監督の作品は1本も観ていません』と正直に伝えました。この作品は人間としてのストーリー性のある作品なので、自分なりに表現できるのがうれしかったです」と明かした。主演初挑戦のホラー映画での演技について、「想像の世界でお芝居をするしかない。怖がらせるリアクション、音楽も怖くなってきます。監督からは『絶対もうすぐ来るというおばけ屋敷のおばけ役だから楽しんで』と言っていただいたので、難しいですけど楽しみながら演じられました」と語った。

 三吉はトンネル現場での撮影時に“心霊現象”を感じたそうだ。三吉は「福岡と別の場所で撮影したのですが、撮影場所は使われていないトンネル、上部に封鎖されているトンネルもあると聞きました。私自身は(霊を)感じたり見えたりするタイプではないのですが、夜遅くまで撮影をしていて、人に見られているなという感じがあるので、照明さんかなと思ってパッと見るけど、いまいないし……という感じがありました」と明かした。坂東が「気配を感じるらしいです。『トンネルの上の誰か』というもうひとつ別の映画をつくることができるかも」と合いの手を入れると、清水監督は「おばけも応援してくれていたのかも」と応じた。

 登壇したキャスト全員があいさつでホラー映画が苦手だと明かしたが、清水監督は「僕自身も子供の頃はホラー映画なんかつくる大人はよろしくない大人だと思っていたので気持ちはわかります。三吉さんと初めて会った時に、『綺麗な悲鳴を上げられないですが大丈夫ですか』ということを聞いて、ちゃんと自分でリアリティーを持ってやろうとしていることがわかり、『これはいける』と楽しみになりました」と話した。

 全日本プロレスからは、エース宮原健斗、石川修司、犬鳴めんそーれ(ブラックめんそーれ)、大森北斗、田村男児が参加した。

 ここで、「犬鳴めんそーれ・田村チーム」と、三吉が加わった「石川・大森With三吉チーム」の2チームに分かれてタイトルマッチが開催された。宮原が特別解説を務めた。試合終盤には、三吉が場外乱闘に乱入。強烈な回し蹴りを披露した。

 本作の主題歌で、Ms.OOJAの新曲「HIKARI」について、三吉がアーティスト写真をプロデュースしている。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください