前澤友作氏「お急ぎください」 “100万円お年玉企画”で当選者129人が登録せず

ZOZOの創業者・前澤友作氏が26日、自身のツイッターを更新。100万円をプレゼントする「お年玉企画」で、当選者1000人のうち、129人がまだ当選登録できていないと明かした。

前澤友作氏【写真:Getty Images】
前澤友作氏【写真:Getty Images】

ツイッターで明かす、129人が登録しないままなら「抽選に外れた方の再抽選」

 ZOZOの創業者・前澤友作氏が26日、自身のツイッターを更新。100万円をプレゼントする「お年玉企画」で、当選者1000人のうち、129人がまだ当選登録できていないと明かした。

 前澤氏は2年連続でお年玉企画を実施。昨年は100万円を100人にプレゼントする総額1億円の企画を行い、賛否両論を呼んだが、今年はさらにパワーアップ。100万円を1000人にプレゼントする総額10億円の規模となり、大きな反響を呼んでいる。

 今月8日に応募を締め切り、19日に抽選結果を発表。抽選結果ページが混み合いすぎて、いったんサイトを停止するというハプニングもあったが、22日には自ら当選者にDMも送付したとつぶやいていた前澤氏。しかし、この日は「前澤お年玉 の当選者1000名のうち、現在までに129名の方がまだ当選登録できておりません。登録締め切りは28日23:59です。当選者で登録がまだの方はお急ぎください。当選者数が1000名に満たない場合、抽選に外れた方の再抽選を行い繰り上げ当選者を決定します」とツイッターで明かした。

 前澤氏はすでに、20人に追加で100万円をプレゼントすることも発表。さらに、フォローを外していたり、DMを拒否したりするなどして当選DMを送れなかった人がいたことも報告し、「空き枠が出ましたら、抽選に外れた人を対象にした再抽選を近日中に行いますのでお楽しみに」ともつぶやいていた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください