スキマスイッチ、テレ朝「スーパーJチャンネル」お天気コーナーの新テーマ曲を担当

テレビ朝日系のニュース番組「スーパーJチャンネル」(毎週月~金曜、午後4時40分)のお天気コーナーの新テーマ曲をスキマスイッチが手掛けることがわかった。28日からオンエアされる。

スキマスイッチ
スキマスイッチ

スキマスイッチとしてお天気コーナーの音楽を担当するのは初めて

 テレビ朝日系のニュース番組「スーパーJチャンネル」(毎週月~金曜、午後4時40分)のお天気コーナーの新テーマ曲をスキマスイッチが手掛けることがわかった。28日からオンエアされる。

 1997年の放送開始から23年、同局の“夕方のニュース番組”として親しまれ続けてきた同番組。2020年10月から小松靖、林美沙希アナウンサーがメインキャスターを担当し、お天気コーナーは今村涼子予報士が解説を務めている。

 そんなお天気コーナーの新テーマ曲が、スキマスイッチの「茜(あかね)」に決まった。同曲はボーカルレスのインストゥルメンタルで、今回のために書き下ろした1曲となる。スキマスイッチとしてお天気コーナーの音楽を担当するのは初めてのことだ。

 元々インストゥルメンタルはデビュー以来、発表し続けていたが、同曲はお天気コーナーで流れるため、あえて大橋卓弥のボーカルを入れず、主旋律にチェロを起用し、気象情報の提供に寄り添う形で制作された。また、全編にわたって聞こえるアコースティックギターは大橋による演奏、常田真太郎のグランドピアノも相まって、スキマスイッチらしさを感じさせる楽曲に仕上がった。

 スキマスイッチは「このたび、『スーパーJチャンネル』のお天気コーナーにインストゥルメンタル楽曲『茜』を提供できたこと、とてもうれしく思います。鍵盤の常田は、アラームを夕方の天気予報に合わせてセットした幼少時代を送ったり気象予報士を目指していたりした経験があることから、このような形で天気予報に関われることに大変感激しております。夕陽の時間帯に流れる楽曲ということで、流麗な音色の楽器の1つであるチェロにメロディーを託しました。また新しい夕方の音としてなじんでいくことを願っています」とコメント。

 小松アナは「大好きなスキマスイッチさんに曲を書いていただいたなんて夢みたいです。『茜』を聴くと、夏の青空や秋の夕暮れ、さまざまな情景がドラマチックに浮かんできます。音楽と空模様が溶けあった美しい世界を届けて下さり、ありがとうございます!」と喜んだ。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください