ディズニー、「美女と野獣」ミュージカルシリーズ制作 2022年春から撮影を開始

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」が、劇場公開から30年たち、今なお色あせることのないディズニー・アニメーション至極の名作「美女と野獣」をミュージカルシリーズ化した「美女と野獣」(原題)の制作を発表した。

音楽担当はディズニー・レジェンドのアラン・メンケン

 ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」が、劇場公開から30年たち、今なお色あせることのないディズニー・アニメーション至極の名作「美女と野獣」をミュージカルシリーズ化した「美女と野獣」(原題)の制作を発表した。

 制作は、ディズニー・ブランデッド・テレビジョンとABCシグネチャーが手がけ、2022年春から撮影を開始する。

 内容は、エマ・ワトソン主演で17年公開された映画「美女と野獣」の前日譚となる全8話の物語。

 キャストは、映画に続き、ジョシュ・ギャッドがル・フウ役とルーク・エヴァンスがガストン役を再演するほか、ル・フウの義妹としてブリアナ・ミドルトンの出演が決定した。

 製作陣にもディズニー&ミュージカル盤石の布陣がそろい、製作総指揮・脚本・共同ショーランナーとしてジョシュ・ギャッドと「ワンス・アポン・ア・タイム」のエドワード・キッツィスとアダム・ホロウィッツが名を連ねるほか、音楽は、ディズニー・レジェンドのアラン・メンケンが手掛ける。

 また第1話では、「塔の上のラプンツェル」でオスカー賞ノミネートされたグレン・スレイターが作詞を担当するなど、その豪華さにも注目が集まる。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください