永野芽郁、殴られる姿を見た母親は涙 広瀬アリスは謝罪「ごめんね。いっぱい殴って」

女優の永野芽郁が10日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われた主演映画「地獄の花園」(関和亮監督、公開中)のヒット御礼舞台あいさつに登壇し、撮影中のエピソードなどを語った。

イベントに登壇した永野芽郁【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに登壇した永野芽郁【写真:ENCOUNT編集部】

映画「地獄の花園」のヒット御礼舞台あいさつで、永野芽衣が歓喜

 女優の永野芽郁が10日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われた主演映画「地獄の花園」(関和亮監督、公開中)のヒット御礼舞台あいさつに登壇し、撮影中のエピソードなどを語った。

 緊急事態宣言の影響を受け、最初で最後の有観客でのイベントとなった今回。観客を前に永野は、「すごく久しぶりに劇場の席に皆さんが座っている姿を見ることができて、本当にうれしいです。改めて『地獄の花園』が公開できたことを本当にうれしく思います。今日は短い間ですが、楽しんでいってください」と笑顔であいさつ。

 日本中のOLが抗争を繰り広げる壮大で独特な世界を描いた本作。メガホンをとったのはPerfume、サカナクション、星野源のミュージックビデオを手掛ける巨匠・関和亮監督、脚本を手掛けたのはお笑い界の鬼才、向田邦子賞・ギャラクシー受賞のバカリズムという豪華な顔ぶれ。永野は、普通のOLライフに憧れる主人公・直子を演じた。

 周りからの反響を聞かれた永野は、「母親だったりとか、友人が見に行ってくれたんですよ。そしたら、どの世代の人も面白がってくれるんだなと思って。死ぬほど笑ったってみんな言ってました」と、うれしそうに告白。続けて、「母親は娘が殴られているのを初めて見て、悲しくて泣いたそうです」と言うと、劇中で戦うシーンがある広瀬アリスが「ごめんね。いっぱい殴って……」と申し訳なさそうに返答。

 また、映画の見どころについて、「私がすごく好きなのは、蘭(広瀬)がひたすら、いろんな人を倒しているのに、私の前では普通のOLに戻る、その切り替えがすごく好きです」と話した。

 最後に、「今日は本当に、この光景を見ることができてうれしいです。映画館に人が入っているということが、どこか当たり前に思っていたのですが、これが奇跡だったのかもしれないと思って。心が晴れやかになってくれたらうれしいです。最高に笑える作品になっています」と笑顔で伝えた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください