2022年大河ドラマ主演の小栗旬、米国滞在中で会見不在も…「2年後40歳の節目に幸運と興奮」

NHKは8日、2022年放送予定の大河ドラマについて、鎌倉時代の武将・北条義時を主人公とする「鎌倉殿の13人」に決まり、俳優の小栗旬が主演を務めることを発表した。脚本は三谷幸喜氏が担当する。

2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」での主演が決まった小栗旬
2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」での主演が決まった小栗旬

 NHKは8日、2022年放送予定の大河ドラマについて、鎌倉時代の武将・北条義時を主人公とする「鎌倉殿の13人」に決まり、俳優の小栗旬が主演を務めることを発表した。脚本は三谷幸喜氏が担当する。

 この日に制作発表記者会見が行われ、三谷幸喜氏とNHKの清水拓哉・制作統括が出席。小栗は米ロサンゼルスに滞在中のため欠席した。後日に会見を行うという。

 小栗はNHKを通じてコメントを発表。「1年半にも亘(わた)り、ひとつのテーマ、一本のドラマに出演するという大河ドラマの経験は、生涯一度は体験したい……体験しなければならない……僕にとって俳優としての大きな関門であり、夢であり、挑戦であり、恐れさえ覚える覚悟の要る仕事です」と並々ならぬ決意を示した。

 放送年の2022年に40歳の節目を迎えることを意識し、「しかし2年後40歳という節目の年に放送される大河ドラマを演れることに幸運と興奮と、大きな喜びを感じています。ましてや3度目の大河脚本となる三谷幸喜さんの熟練した筆先が、どんな義時像を描き出すのか……また僕自身、どうすれば皆さんの期待を裏切らない義時を演ずる事が出来るのか……など、今から想像するだけでワクワク胸躍る思いです」と期待の思いを寄せた。

 これまでの大河ドラマなどでの小栗の演技を追ってきた三谷氏は「役をつかむのが上手な方、芝居に嘘のない方」と、小栗の演技力に太鼓判を押した。

 また、三谷氏によると、大河ドラマ制作が決まった日に、三谷氏の携帯電話に海外から着信があったという。かけ直してみると、「それが小栗さんで、よろしくお願いします、と。『お互いの新しい代表作にしましょう』という話をしました」と秘話を明かした。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)