佐藤健、着物姿の有村架純に「似合いますね」と絶賛 「マスコットみたい」といじり倒し

映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」のグランドフィナーレイベントが4日、東京・ 有楽町の丸の内ピカデリーで行われた。

佐藤健(右)と着物姿の有村架純【写真:ENCOUNT編集部】
佐藤健(右)と着物姿の有村架純【写真:ENCOUNT編集部】

映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」グランドフィナーレ

 映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」のグランドフィナーレイベントが4日、東京・ 有楽町の丸の内ピカデリーで行われた。

 イベント第1部では剣心のイメージカラーである赤色のカーテンを吊るしたステージに、主演の佐藤健のほか武井咲、青木崇高、土屋太鳳、江口洋介といった「The Final」の豪華キャスト陣とメガホンをとった大友啓史監督が登壇。イベントの第2部では雰囲気が一転し、白を基調にしたステージに。衣装を1部のスーツ姿から着物に変えた佐藤とともに、共演の有村架純、江口、村上虹郎、北村一輝といった「The Beginning」のキャスト陣と大友監督が登壇し、撮影中のエピソードなどを披露した。

 この日、初日を迎えた「The Beginning」は動乱の幕末を舞台に最強の人斬りとして恐れられた緋村剣心の十字傷に秘められた真実を描く。剣心を演じた佐藤は「剣心の過去を知ってもらってすべてのシリーズが完成します。シリーズ丸ごと愛してもらえたらうれしいです」と感激の面持ちであいさつした。

 また、白の着物姿で凛々(りり)しく登壇した有村を見て「似合いますね。歩き方がマスコットみたいで」と絶賛すると、「いつも以上に緊張しています」とあいさつした有村は「ありがたいです」と小さな声で照れ笑い。

 佐藤のいじりは続き、有村に後ろを向くよう指示して「充電が切れそうなマスコットみたいなのでこれを巻きたくて仕方ない。巻いたらもっと元気になるんじゃないか」と、背中の帯の結び目を指さして笑いを誘った。

 シリーズ完結に絡めて司会者から「共演者に感じている謎の部分」について問われた佐藤は「有村さんはずっと謎だと言い続けているのですが、北村さんがめちゃめちゃ気をつかうんですよ」と答え、「食事のときに欠けている茶碗を持っているシーンがあって、美術やスタッフさんの細かい努力を映そうと正面に見せていた」と明かした。これに北村は「皆さんが一生懸命作ってくれたから。というか、そこを見ている君がすごいよ」と巧みに切り返していた。

 イベント最後に佐藤は「皆さんのご支援で10年、ここまでたどり着きました。今日を迎えて終わっちゃうんだなと思ってきましたが、シリーズは今始まるんだなと思っています。末永く愛してください」と呼びかけた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください