「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」のサントラが発売 JP THE WAVYが参加

映画ワイルド・スピードシリーズの最新作、「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」(8月6日全国公開、ジャスティン・リン監督)の最新サントラ「ワイルド・スピード/ジェットブレイク(原題:Fast & Furious 9)」の発売が決定した。アジア人としては唯一、JP THE WAVYが大てきされている。

「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」オリジナル・サウンドトラックの発売が決定【写真:(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.】
「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」オリジナル・サウンドトラックの発売が決定【写真:(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.】

「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」(2006)以来の快挙

 映画ワイルド・スピードシリーズの最新作、「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」(8月6日全国公開、ジャスティン・リン監督)の最新サントラ「ワイルド・スピード/ジェットブレイク(原題:Fast & Furious 9)」の発売が決定した。アジア人としては唯一、JP THE WAVYが大てきされている。

 4日よりアルバムのプレオーダーが開始され、17日より全プラットフォームにてリリースされる。さらに、25日には輸入盤が、7月21日にはアートワークが日本仕様に変更され、ボーナストラックが3曲追加される豪華仕様の国内盤が販売開始となる。

 今回のサウンドトラックに参加しているのは、海外音楽シーンのライジングスターやラテン・ヒップホップ・R&B界の音楽チャートのトップに君臨するアーティストばかり。

 日本からはJP THE WAVYが、アジア人として唯一参加。「ワイルド・スピード」シリーズに日本人が抜てきされるのは日本を舞台とした「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」(2006)以来となる。サウンドトラックで期待とテンションを上げ、映画を鑑賞すれば2倍楽しめることは間違いない。

 主人公ドミニク・トレット役のヴィン・ディーゼルをはじめ、オリジナルファミリーの面々がカムバックを果たし、「ワイルド・スピード ICE BREAK」(17)でファミリーの前に立ちはだかったサイファー(シャーリーズ・セロン)や、誰も予想しなかった前代未聞のサプライズとしてハン(サン・カン)も再登場。そしてファミリーの絆を揺るがす新たな敵でありドミニクの弟ジェイコブ(ジョン・シナ)も参戦するなど、大幅なスケールアップを果たす。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください