妻夫木聡&蒼井優がNHKの終戦ドラマで夫婦役 息ぴったりの演技に期待

NHKは26日、8月13日午後10時から終戦ドラマ「しかたなかったと言うてはいかんのです」を放送し、主演を俳優・妻夫木聡が務めると発表した。作品は太平洋戦争末期に行われた「生体解剖」がテーマ。人体実験手術を止められず、戦後、戦犯となり、死刑判決を受けて自分自身と向き合う医師(妻夫木聡)と、その判決に異議を唱え、公正な裁きを求めて奔走する妻を描き、人間の狂気と正気を浮き彫りにするヒューマンサスペンス。妻夫木が演じる主人公の妻を蒼井優が演じる。

NHKの終戦ドラマに出演する妻夫木聡(左)と蒼井優【写真:(C)NHK】
NHKの終戦ドラマに出演する妻夫木聡(左)と蒼井優【写真:(C)NHK】

生体解剖がテーマ NHK「しかたなかったと言うてはいかんのです」8月13日放送

 NHKは26日、8月13日午後10時から終戦ドラマ「しかたなかったと言うてはいかんのです」を放送し、主演を俳優・妻夫木聡が務めると発表した。作品は太平洋戦争末期に行われた「生体解剖」がテーマ。人体実験手術を止められず、戦後、戦犯となり、死刑判決を受けて自分自身と向き合う医師(妻夫木聡)と、その判決に異議を唱え、公正な裁きを求めて奔走する妻を描き、人間の狂気と正気を浮き彫りにするヒューマンサスペンス。妻夫木が演じる主人公の妻を蒼井優が演じる。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 妻夫木は「“自らの責めは自らが負わねばならない”罪とは何か、生きるとは何か、ひたすらに自分と向き合い続ける日々です。人間は愚かな生き物であります。しかし、誰かを思いやる温かい心になれるのもまた人間です。人としてあるべき姿とは何か、今一度この時代に問いかけられているような気が致します。時代や環境が変われど、一つ一つの命の重みに変わりはありません。作品を通じて、命の尊さを感じていただければ幸いです」とコメントした。

 蒼井は実験手術に反対した夫・鳥居太一が、首謀者とされて死刑判決を受けたことに納得せず、夫を救出するために奔走する妻を演じる。「胸が締め付けられるようなシーンがたくさんありますが、妻夫木さんが演じられる太一を信じ、最後の最後まで丁寧に演じて行けたらと思っています。タイトルに見合う作品になることを期待しながら、精いっぱい頑張ります」とコメントした。

 妻夫木と蒼井は、これまで恋人や夫婦役が多く、2013年公開の映画「東京家族」、16年から18年にかけてシリーズ3作品が公開されている「家族はつらいよ」でも夫婦を演じている。今回の終戦ドラマでも息ピッタリの夫婦役が期待できそうだ。共演は、永山絢斗、鶴見辰吾、若村麻由美ら。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください