ティモンディ高岸、「力み過ぎて」ワンバン投球もすごすぎ140キロ

愛媛・済美高校野球部出身のお笑いコンビ「ティモンディ」が15日、千葉・ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテマリーンズ対埼玉西武ライオンズの試合前のファーストピッチセレモニーに登場。投手を務めた高岸宏行が140キロを計測した。

「ティモンディ」の高岸宏行【写真:ENCOUNT編集部】
「ティモンディ」の高岸宏行【写真:ENCOUNT編集部】

名門・済美高校野球部出身 ZOZOマリンスタジアムのファーストピッチセレモニーに登場

 愛媛・済美高校野球部出身のお笑いコンビ「ティモンディ」が15日、千葉・ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテマリーンズ対埼玉西武ライオンズの試合前のファーストピッチセレモニーに登場。投手を務めた高岸宏行が140キロを計測した。

 高岸はこの日のために、元千葉ロッテの投手・内竜也氏と特訓を積んできたことを明かし、「内さんの魂を込めて、ロッテを鼓舞する勇気球を投げます!」と高らかに宣言。始球式では珍しく、投球前にガチの投球練習を行うなど気合十分で本番に臨んだ。

 捕手を務めた相方・前田裕太に対し、高岸が全力で投じた直球はベース板の手前で大きくワンバウンド。それでも140キロを計測したことが表示されると、スタンドはどよめいた。

 前田は「たくさんの方が集まって観に来てくださっている中で高岸の全力のワンバウンド投球を見せる結果にはなりましたが、ロッテの勢いはそのまま上に登っていくよう応援していきたいなと思います」とフォロー。高岸は「内さんの縦スライダーを意識して、いい変化を見せられた」と胸を張った。

 さらに高岸は「素敵な球場の浜風と素敵なファンの方たちの応援ですごく勇気をもらえまして心の180kmは出せたと思います!」とコメント。また、チームへのエールを求められると「今から選手たちが頑張ってくれる。皆さんで応援していいゲームにしていきましょう。マリーンズなら、やればできる!」と、おなじみのフレーズでスタンドを沸かせていた。

 昨年10月4日の神宮球場で初めて始球式に臨んだ際には思わずコンビで男泣き。4月3日の始球式(札幌ドーム)では、それまで芸能人最速だった俳優・間宮祥太郎の139キロを大きく上回る142キロをたたき出し、周囲を驚かせていた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください