「土手デート」で育まれた愛 「アンジュルム婚」に喜び 蒼井優と山里亮太が結婚会見 詳報(4)完

結婚を発表した女優の蒼井優(33)と、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(42)が5日、幸せムード満点の入籍発表会見を行った。2人がともに応援しているアイドル「アンジュルム」への思いや、初デートの秘話を披露。帰り際に、蒼井がこみ上げる愛のメッセージを激白した。詳報は最後となる4回目。

会見では仲睦まじさがにじみ出た
会見では仲睦まじさがにじみ出た

「できる限り亮太さんを支えたい」と愛の激白 子供は「授かりもの」と山里

--どういった家庭を築きたいですか

山里「本当に好きなものを一緒に見て笑って、喜怒哀楽を、怒はないですけどずっと楽しんで生活を。笑っている姿が素晴らしいので、ずっと笑っていられるように僕も頑張っていきたい。この世界にいさせていただいて、面白いねとほめてもらえるような人間になって、家に帰っても笑わせられたらなと思っています」

--ご飯は何が美味しいですか

山里「グリーンカレーです。カレーというジャンルでまずグリーンに行くというトリッキーさと、ココナッツミルクの使い方のうまさ。度肝を抜かれました」

蒼井「牛乳を足しています」

山里「エビを使った料理の時に、すごいスピードで背ワタを抜く。その姿にぐっときます。エビチリを作ってもらったり。何を食べるかという時にジャンルから聞いていくんです。和洋中の気分は、と。それで中華だったらエビチリが出てきたり。すごく幸せです」

山崎「全然おもんないよ。もうちょっとおもろくしゃべる人ちゃうかったっけ」

--先ほどしずちゃんは涙ぐんでいるように見えた

山崎「いやちょっと目にゴミが入ってしまって」

山里「なかなか古いタイプ」

山崎「こんなクズをよくぞ、素敵な優ちゃんがもらってくれたと思うとうれしいですね。山ちゃんはすぐに調子に乗って天狗になりがちなんですけど、優ちゃんは叱ってくれる、注意してくれる。山ちゃんを叱る人がいなくなってきている気がする。そこをこういうときはこういう態度を取ったらあかん、ちゃんと対応したらもっと美味しいご飯を作ってあげるよと言ってくれている。それを聞いて素晴らしい人やなと。ダメなところを叱ってくれる存在を見つけてくれてうれしい」

--ツイッターの世界トレンドで一時、1位になりました

山里「月並みですけど、世界で山ちゃんが1位だと一瞬、手羽先感が出ますが、うれしいです。海外の方、世界の方が気にしてくれてうれしいです」

--蒼井さんに、山里さんの顔のパーツで好きなところは

蒼井「変なところからひげが生えている」

--発見したときはどんな気分になるんですか

蒼井「どうしちゃったんだろうと。えっ違います、間違えました。すいません」

山里「鼻が高いかなあ」

蒼井「鼻が高いです」

山里「久々の船場吉兆感が出ました」

--お子さんは考えていますか

山里「それは授かりものということでございまして、いただけるならうれしいなと思っています」

--何人ぐらいかとか想像は

「それはもう、来ていただけるだけでありがたいという感じです」

和気あいあいとした結婚会見
和気あいあいとした結婚会見

--蒼井さんは女性アイドルグループ「アンジュルム」が好きですよね。アンジュルムの歌詞や曲で〇〇婚と言ってもらえないか

蒼井「その界隈の友達たちからは『アンジュルム婚』と言われていて、とても光栄です」

山里「共通の趣味でありますので、どうでしょうか。ちょっと燃えやすいかなと。びびっておりますけれども」

--日本武道館のコンサートがある。2人で行くのはどうですか

山里「6・18。(蒼井は)アンジュルムに関してはすごく真摯で。あまりデートでとかそういうことではなく、心からアンジュルムのメンバーが頑張っている姿を応援したいという方なので、一緒にというのはないと思います。同じ空間に、もし、いれたとしても、自分のタイミングで応援しているのではないですかね」

蒼井「そうですね。自分の世界で応援します」

--実際に自分が蒼井優を妻にした気持ちは

山里「なんて運がいいんだろう、ありがたいという思いしかない。自分が今までねたみそねみをしてきたのに、それはないんじゃないという感じでは自分のことは思っていないです。引き続き、人のことをねたみそねみ。僕はよく言われるんですけど、モテなかった人間が結婚して変わってしまうのではないかと言われるんですけど、変わらないと思うんですよ。僕が噛みついているのは器の小ささから来るものなので、状況が変わっても器が小さいのでイライラすると思うんですよ。これから先に熱愛が何か出ても、ああ分かるよその気持ち、となることはないと思うんですよ、はい」

--もし山里さんが浮気をしたらどうしますか

蒼井「DDTさん、山里さんがお好きなプロレス。お願いして、懲らしめてもらいたいと思います」

山里「僕が応援しているプロレス団体さんです。それは蒼井優さんから言わせる単語ではございません。爆破をするんです、ある場所を。今まで3度ほど僕はされています」

--デートはどのようにしましたか

山里「土手を一回歩きまして、一度ドライブに行った。テンションが上がってドライブがしたいと。僕は車の免許を持っていないので、蒼井さんが運転をして助手席に乗せてもらって、どこ行きましょうかとなって、それで土手が見てみたいと」

蒼井「ドライブをしていてなんとなく散歩したいね、と」

山里「検索に土手を入れていないです。散歩という検索から土手になった。ごめんなさい」

--『土手デート』で愛を育まれた

山里「歩いたんですよ。そうしたら老夫婦感が出た」

蒼井「お互い緊張し過ぎて後ろ手に」

山里「緊張しちゃって双方後ろ手に組んで歩いていたので、おじいちゃんおばあちゃんみたいな。そこが初デートで、そこから先は、みなさんに発表する前にうろうろするのは不誠実だと思っていて、それはしていないです」

〈写真撮影後の帰り際に蒼井から話をする〉

蒼井「山里さんのお仕事に対する姿勢を尊敬しています。なんで生涯を共にできたらと思ったかというと、私も基本的には怠け者なのですが、実際に仕事に入るとなるととことんやってしまいます。山里さんを見ていると、それで間違っていないと思わせてくれる。とても勇気が沸きます。とはいえ、私よりも山里さんのほうが、仕事がないと生きていけない方だと思うので、これから自分がやれる限りのいただいたお仕事は精一杯やらせていただき、できる限り亮太さんを支えたいと思います。きょうはありがとうございました」

山里「本当に僕らのためにお話を聞いていただき、いつもお世話になっているみなさんにこういう形でちゃんとご報告できて心からうれしく思っています。これからもみなさんに育てていただいて、この最高に楽しい世界で生きていけるよう全力で頑張って、いま優さんが言ってくれたみたいに、仕事に全力で打ち込んでいる姿を好きと言ってくれた優さんのために、その姿を一生見せられるように頑張っていきたいです」

詳報おわり