映画「100日間生きたワニ」新型コロナ影響で公開延期 神木隆之介ら豪華キャストで話題

東宝株式会社は10日、5月28日より公開を予定していた映画「100日間生きたワニ」の公開延期を正式発表した。

「100日間生きたワニ」の公開日が延期に【写真:(C)2021「100日間生きたワニ」製作委員会】
「100日間生きたワニ」の公開日が延期に【写真:(C)2021「100日間生きたワニ」製作委員会】

5月28日より公開予定の映画「100日間生きたワニ」について声明

 東宝株式会社は10日、5月28日より公開を予定していた映画「100日間生きたワニ」の公開延期を正式発表した。

「『100日間生きたワニ』【公開延期のお知らせ】」と題したリリースにて、「この度、2021年5月28日(金)より公開を予定しておりました『100日間生きたワニ』につきまして、新型コロナウィルスの感染状況に鑑みまして、公開を延期させていただきます」とつづっている。

 また「作品の公開を楽しみにお待ちいただいていた皆様には誠に申し訳なく、心よりお詫び申し上げます」と陳謝。「今後の公開予定につきましては、決定し次第、速やかに東宝ホームページにてお知らせいたします。事情ご賢察のうえ、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます」と締めくくった。

 同作は神木隆之介、中村倫也、新木優子、ファーストサマーウイカら豪華キャストが声を務めることでも大きな話題となっていた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください