映画「るろうに剣心」、興収が早くも20億円を突破 実写映画の2週連続1位獲得

映画「るろうに剣心 最終章 The Final」(ワーナー)が、公開2週目の週末(5月1日~2日)2日間で、興行収入3.17億円を記録し、2週連続で週末興行ランキング実写映画の1位を獲得した。5日時点で興行収入20億円を突破した。

映画「るろうに剣心 最終章 The Final」のビジュアル【写真:(C)和月伸宏/集英社(C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final」製作委員会】
映画「るろうに剣心 最終章 The Final」のビジュアル【写真:(C)和月伸宏/集英社(C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final」製作委員会】

映画「るろうに剣心 最終章 The Final」 SNSでは絶賛の感想コメント

 映画「るろうに剣心 最終章 The Final」(ワーナー)が、公開2週目の週末(5月1日~2日)2日間で、興行収入3.17億円を記録し、2週連続で週末興行ランキング実写映画の1位を獲得した。5日時点で興行収入20億円を突破した。

 本作は4月23日から、全国362の劇場、480スクリーンの邦画最大規模で公開。緊急事態宣言の影響で、東京都・大阪府・兵庫県・京都府の4都府県が同25日より63館が休館(※同26日より計64館、同27日より計67館が休館)という状況にも関わらず、オープニング2日間で興行収入5.35億円(観客動員数37.1万人)を記録、3日間では興行収入7.45億円(観客動員数51.5万人)をマークした。

 2021年で公開された実写映画として堂々の週末オープニング興収No.1であることはもちろん、シリーズ最大の興行収入となった映画「るろうに剣心 京都大火編」(公開初日:2014年8月1日/最終興行収入52.2億円)のオープニング2日間の興行収入5.1億円を超える大ヒットスタートを切った。

 SNSでは絶賛の感想コメントがあふれており、すでに2回以上鑑賞したファンはもちろん、10回見たというファンの声もある。また、今回、通常の上映形態に加えて、シリーズ初であるIMAXR/4DX/MX4Dでも上映されている。

 さらに、5月7日午後7時には、先週の金曜ロードショーに引き続き、映画公式ツイッターで「るろうに剣心 京都大火編」の同時視聴キャンペーンを実施する。

 また、グランドフィナーレを描く映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」は6月4日に公開予定だ。

 【映画「るろうに剣心」シリーズ興行収入】

 2012年8月25日公開:映画「るろうに剣心」 最終興行収入30.1億円
 2014年8月1日公開:映画「るろうに剣心 京都大火編」 最終興行収入52.2億円
 2014年9月13日公開:映画「るろうに剣心 伝説の最期編」最終興行収入43.5億円

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください