Foorinと出演者全員“パプリカダンス”で紅白スタート ラグビー日本代表もノリノリ

恒例の第70回NHK紅白歌合戦が31日、東京・渋谷のNHKホールで開催され、初出場の小中学生ユニット「Foorin(ふーりん)」が登場。華やかにスタートを飾った。

「パプリカ」ポーズを決めるFoorinのメンバー
「パプリカ」ポーズを決めるFoorinのメンバー

第70回NHK紅白歌合戦が開催 レコ大受賞の初出場「Foorin」がトップバッター

 恒例の第70回NHK紅白歌合戦が31日、東京・渋谷のNHKホールで開催され、初出場の小中学生ユニット「Foorin(ふーりん)」が登場。華やかにスタートを飾った。
 
 全体のトップバッターを務めたFoorin。前日30日に発表された第61回日本レコード大賞で史上最年少受賞を果たした5人組は、今回の紅白にスタートから勢いをもたらした。

 披露したのは日本語版と英語バージョンの「パプリカ」。米津玄師が作詞・作曲・プロデュースを手掛けており、ユニット名は米津が「風鈴」に例えて命名した。

「紅白スペシャルバージョン」と題したパフォーマンス。オープニングの直後で出演者全員がそろったステージで、元気いっぱいにパプリカダンスを踊って歌い、華やかな幕開けに花を添えた。ゲストとして客席に座ったラグビー日本代表の選手たちも笑顔で振り付けを合わせた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください