黒羽麻璃央の野望「次はハワイでロコモコ丼」…崎山つばさらもやる気満々

俳優の黒羽麻璃央(25)らが6月2日、都内で行われた映画「広告会社、男子寮のおかずくん」(三原光尋監督)の完成披露舞台あいさつに登場した。料理男子コミックとして人気が出て実写ドラマ化された同作が、今度は実写映画化され7月12日から全国で公開される。

俳優の黒羽麻璃央
俳優の黒羽麻璃央

映画「広告会社、男子寮のおかずくん」完成披露舞台あいさつ

 俳優の黒羽麻璃央(25)らが6月2日、都内で行われた映画「広告会社、男子寮のおかずくん」(三原光尋監督)の完成披露舞台あいさつに登場した。料理男子コミックとして人気が出て実写ドラマ化された同作が、今度は実写映画化され7月12日から全国で公開される。

 ミュージカル「刀剣乱舞」など舞台での活躍から“2.5次元の王子様”の肩書きを持つ黒羽は「4人でここに来られてうれしい」と笑顔を見せた。話題が次回作に及ぶと、「今回のロケは江の島だった。次はハワイで。ハワイだったらロコモコ丼」と意欲を燃やした。

小林且弥、崎山つばさ、黒羽麻璃央、大山真志、三原光尋監督(左から)
小林且弥、崎山つばさ、黒羽麻璃央、大山真志、三原光尋監督(左から)

 この日は共演する崎山つばさ(29)、小林且弥(37)、大山真志(29)も出席。終始和やかな雰囲気で、時折、会場が爆笑に包まれるなど、4人の仲の良さが伝わる舞台あいさつとなった。最後に小林が「また、このメンバーでやりたい。皆さんの力で僕らをハワイへ連れて行ってください」と呼びかけていた。

(ENCOUNT編集部)