イケメン精神科医・藤野智哉氏、“春うつ”対処法伝授 みやぞんも共感

イケメンと話題の精神科医・藤野智哉医師が、20日放送の日本テレビ系「世界一受けたい授業」に出演し、“春うつ”対処法を伝授した。

イケメン精神科医・藤野智哉氏
イケメン精神科医・藤野智哉氏

川崎病の経験から独自対処法訴え

 イケメンと話題の精神科医・藤野智哉医師が、20日放送の日本テレビ系「世界一受けたい授業」に出演し、“春うつ”対処法を伝授した。

 春は、卒業・入学・就職など1年を通して最も環境の変化が多い季節。気付かないうちにストレスが溜まっていき、春にうつ状態になる人が多いとのこと。

 藤野医師は、春うつ対処法として「諦めると、うまくいく」と説明。

「諦めるという言葉は、ネガティブなイメージが強いですが、私の実体験に基づいた事なんです。川崎病にかかって、一生薬を飲み続けなければならない体になってしまったのです。その時感じたことが、『諦める』ということでした。それまでは、周りの人と同じ事ができるように頑張っていました。でも、それがストレスになっていたんです。サッカーが出来なければ応援する側になればいいし、疲れるマラソンをやらずに済んでラッキー、と気持ちを切り替えることができたんです」と話した。

 ゲストのみやぞんは「生きているだけでいいじゃないか、諦めようというように、何か諦めると気持ちがホッと解けていくんじゃないか」と共感している様子だった。

 藤井医師は「あきらめると、うまくいく – 現役精神科医が頑張りすぎるあなたに伝えたい最高のマインドリセット-」(ワニブックス出版)の重版が決まるなど、このコロナ時代をゆらりと切り開いていく術を訴えている。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください