33歳芸人TAWASHI、3年連続で東大不合格…「ドラゴン堀江」をきっかけに受験開始

東京大学の合格発表が10日、行われ、文科二類を受験していたお笑い芸人のTAWASHI(33)は不合格だった。東大を受験するのは3年連続3度目。

TAWASHI【写真:ENCOUNT編集部】
TAWASHI【写真:ENCOUNT編集部】

共通テスト900満点中709点、YouTubeチャンネルで生配信で結果見守る

 東京大学の合格発表が10日、行われ、文科二類を受験していたお笑い芸人のTAWASHI(33)は不合格だった。東大を受験するのは3年連続3度目。

 この日、TAWASHIは自身のYouTubeチャンネルで生配信を行い、発表を見守った。例年は東大の本郷キャンパスで合格発表が行われるが、新型コロナウイルス感染拡大の影響から、昨年に引き続き今年はインターネット上での発表のみだった。

 TAWASHIは2018年秋から、AbemaTVの番組「ドラゴン堀江」をきっかけに勉強をはじめ、約2年半勉強をしてきたが、及ばなかった。

 今年から始まった共通テストの自己採点では、英語R77点、英語L66点、数学1A47点、数学2B81点、国語164点、日本史B97点、世界史B95点、生物基礎47点、地学基礎35点で、5教科8科目900満点中の709点。3年連続で一次試験(足切り)を突破していた。

 TAWASHIは以前、ENCOUNT編集部の取材に対し、1日10時間以上の猛勉強をしていることを告白。「予備校などは行かずに、自宅で同じ参考書をひたすら回し続けていた」と言い、ボロボロの参考書を見せてくれていた。

□TAWASHI(たわし)本名・島津健一郎。1987年7月26日、新潟県生まれ。ガリベンナンパ師の異名を持つ男。2008年にコンビとして芸能デビュー。17年からピン芸人として活動を開始。趣味は勉強、ナンパ。



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください