令和初のM-1王者は「ミルクボーイ」史上最多5040組の頂点に立つ

漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2019」の決勝戦が22日、東京・六本木のテレビ朝日スタジオで行われ、「ミルクボーイ」が“令和初のM-1王者”に輝いた。

M-1王者に輝いた「ミルクボーイ」
M-1王者に輝いた「ミルクボーイ」

 漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2019」の決勝戦が22日、東京・六本木のテレビ朝日スタジオで行われ、「ミルクボーイ」が“令和初のM-1王者”に輝いた。

 史上最多の5040組がエントリーした第15回大会。準決勝を突破して決勝の舞台に立ったのは、「インディアンス」「ミルクボーイ」「オズワルド」「見取り図」「かまいたち」「ぺこぱ」「からし蓮根」「ニューヨーク」「すゑひろがりず」。さらに、決勝戦と同日に行われた敗者復活戦から「和牛」が勝ち上がり、ファイナリスト10組による熾烈な漫才バトルが繰り広げられた。

 審査員を務めたのは、オール巨人、松本人志、上沼恵美子、中川家・礼二、富澤たけし、立川志らく、塙宣之の7人。M-1史上初、昨年と同じメンバーが審査員となった。また、決勝ファーストラウンドでネタを披露する順番は、一昨年から導入された「笑神籤(えみくじ)」(本番中にくじが引かれ、当たったコンビが直後にネタを披露するシステム)で決められ、今年はラグビー日本代表の稲垣啓太、福岡堅樹、堀江翔太が運命のネタ順決めを担当した。

 7番目に登場した「ミルクボーイ」は、ファーストラウンドで史上最高得点“681点”を獲得して、1位で最終決戦に進出すると、「かまいたち」「ぺこぱ」との直接対決を制し、第15代チャンピオンの名誉と賞金1000万円を獲得した。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)